ここから本文です

中学の時に、理科で石英、長石、黒雲母のグループと、角閃石、輝石、カンラン石の...

phi********さん

2017/9/318:46:22

中学の時に、理科で石英、長石、黒雲母のグループと、角閃石、輝石、カンラン石のグループに分けて、

セキしてチョウから黒雲母、カクセキセキのカンラン車というふうに覚えたのですが、無職鉱物は石英と長石だけで、他の4つは有色鉱物だったので、なんのグループ分けが忘れてしまいました。SiO2の多い組と少ない組でしょうか?誰かこの3つずつに分けるような特徴を覚えている方は教えてください。お願いします。

閲覧数:
523
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/9/320:17:55

>SiO2の多い組と少ない組でしょうか?

そうではないでしょうか。
ケイ酸分(SiO2)の含有率70%前後
ケイ長質岩(酸性岩)

のようです。
http://www2.city.kurashiki.okayama.jp/musnat/geology/rock/igneousro...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる