ここから本文です

塩や界面活性剤、エタノールを使用したDNAの抽出実験にバナナを使用したのですが、...

chi********さん

2017/9/517:22:27

塩や界面活性剤、エタノールを使用したDNAの抽出実験にバナナを使用したのですが、なぜバナナなのですか?

他の生物だけでなくバナナを用いる特別な理由はありますか?

閲覧数:
269
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

scw********さん

2017/9/520:54:15

生物材料から効率よく DNA を抽出したいなら,組織をよくすりつぶして細胞構造を壊しておかなければいけない.植物を材料にする場合は,特に細胞壁の破砕が問題になる.ホウレンソウの葉を考えてみれば分かると思うが,生ではシャキシャキしていて,乳鉢で砕いてもなかなか均質でドロドロの状態にはならない.それだけ頑丈な細胞壁をもっているということ.茹でれば細胞壁の構造が緩んで破砕しやすくはなるが,DNA を熱変性させてしまっては何にもならない.

それで,バナナ.バナナの食用部分の細胞にももちろん細胞壁はあるが,組織が舌で押しつぶせるほど柔らかいということは,ごく薄くて簡単に破砕できる程度のものということ.もっと簡単なのは果汁のジュース.はじめから圧搾機で果実の組織を破砕してあり,かなりの量の DNA を含んでいる.よくこの手の実験でブロッコリーの花芽の部分が使われるが,これも理屈は同じ.花芽部分は重量当たりの細胞数が多く,高収量が期待できる上,食感で分かると思うが,粒々の外皮の中に詰まっている組織は柔らかで,破砕するのに苦労しないことによる.

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ple********さん

2017/9/522:20:31

バナナの実は柔らかく潰しやすいということもありますが、多糖類を多く含んでいてその方法で抽出すると、白い繊維状のいわゆるDNAのような沈殿が沢山出るからだと思います。しかし、DNAの含量はそれほど多くないので、電気泳動でDNAの存在を確認するような実験には向きません。実質のDNAを抽出するならば、ブロッコリーの花芽の方が適しています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる