ここから本文です

どの辺以上のクラスの企業であれば、国を買えるほどの資力があることになるんです...

hujiaigさん

2017/9/518:26:57

どの辺以上のクラスの企業であれば、国を買えるほどの資力があることになるんですか?

閲覧数:
85
回答数:
8
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/9/1000:01:56

国家の財政規模は○円や○ドル等と表されますが、あれは「○円出したらその国を買える」という意味ではありませんよ(^^;)

例えば「一年当たり2万円のお小遣いを貰っている高校生」がいたとしても、2万円払えばその高校生を買う(人身売買)できるということではないでしょう?
あるいは「一年当たり合計100万円の経済活動をしている高校生」がいたとしても、100万円払えばその高校生を買うできるということではないでしょう?

国家の何らかの側面を金銭価値で表記することは確かにできます(GDPや財政規模など)。
だからと言って「国家」が市場に流通しているのではありませんし、「国家」を売買することが法的・倫理的に許されるのでもありません。

百歩譲って「人身売買」であれば公にならないように行うことができますが、「国家の売買」となると「国家」自体が「国際社会に晒された公の存在」ですから、不可能です。

映画や小説の世界では「カネさえあれば何でも買える」という設定があるのかもしれませんが、現代社会では不可能です。
現実とフィクションの区別がつけられる人間になってください。

  • 質問者

    hujiaigさん

    2017/9/1000:07:32

    いや、もちろんホントに買えるとは思いませんよ?買える、と言えるほどの財力がその企業にあるかどうか、ということです。まあ確かに国の価値をどう換算するかって、発展した国になればなるほど難しいでしょうが…発展途上の小さな国なら、土地代と政府要人を買収する金額?とかでザッと計算しようと思えば出来るんじゃないでしょうか?

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

chibiran2さん

2017/9/1213:35:55

ど田舎の廃屋買って、きょうからここは独立国です。って宣言すればできますよ☆

2017/9/1101:59:17

>国を買えるほどの資力

政治家を買収して「国を買う」んだったら、思ったより安くて済むんではないでしょうか。

2017/9/1007:36:33

昭和40年代勤めていた会社が輸出国内販売とも好調で
社員の全ての向上心をおさえるのに会社は大変だった。
小国なら買えそうな、資力、が出来たからだ。
後の経済大国の原動力になった。
昭和30年代-40年代は国政府はあったが講和条約までの
進駐軍の強い監視下だったので企業の方が全てに置いてリード
していた。
当時の公務員は給料は極安だし学校、役場、警察署等々ボロ屋敷
当然だった。
優秀な大卒者はほとんど民間企業に行った。
一時当時の大企業のトップは会社と国を治めていた様な気分
だったかも。

2017/9/519:37:45

無理やり金銭換算することはできてもお金じゃ買えないものってあるんですよ。
例えば「天皇陛下の地位」や「甲子園出場権」などは、金持ちが何兆円払っても手に入らないでしょう?
国家も同様です。
「国を買う」なんて馬鹿げた空想はやめましょう。

2017/9/519:28:42

島は変えますが国は買えれません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。