ここから本文です

資本金について 合同会社の一人起業を計画していますが、 恥ずかしながら、 ...

アバター

ID非公開さん

2017/9/1008:42:55

資本金について

合同会社の一人起業を計画していますが、
恥ずかしながら、
いまだに資本金というものが理解できません。
単純に、
合同会社用の口座(代表社員=自分名義)を用意して、

いったん残高をゼロにして、
そこに最初に移動した金額=資本金
という理解でいいのでしょうか?

例えば、起業の資金は一千万準備していて
すべて起業のために使えるお金だけど、
口座に300万しか移動しなかったら、
資本金は300万ということになるのでしょうか?

残りの700万はどういう扱いと考えればいいのでしょうか?

ついでに、
資本金が無くなった時点で会社を廃止するつもりですが、
これは倒産ではなく廃業という理解でいいのでしょうか?

閲覧数:
200
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yyh********さん

2017/9/1018:07:47

資本金というのは、法人の基礎体力だと思っています。

資本金額までは、事業に投資できる、負債に耐えられる。

合同会社設立経験者です。
定款の作成のみ行政書士に依頼し、自分でしました。

法人の登記が済むまで、法人名の口座は作れません。

普段使っている預金口座に、自分名で資本金額を振込み、
そのページをコピーして登記申請時添付します。
現物出資がある場合、物品の価額の判るリストを添付し、
その分口座への振込み額は少なくても良いです。

資金を調達(借入したお金でも可)し、
口座に資本金額が振り込まれた証明が必要なのです。

起業時にかかったお金は開業後、経費として計上できます。

とにかく、最初に資本金額を全額用意する必要が有ります。

登記が済んで、法人名の口座を作ってからお金を移します。

アバター

質問した人からのコメント

2017/9/10 18:31:42

ありがとうございます。不十分な理解だとは思いますが、
資本金=法人としての体力としたら
開業資金は起業人としての基礎体力かもしれませんね。

いくら一人起業といっても、法人=自分ではないですし
たぶん自分の事業はこれから何度か転換すると思っているので、
そのための余力と思っておきます。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる