ここから本文です

政府が産業政策や税制において大企業に特に便宜を図っていることはない、という指...

hujiaigさん

2017/9/1913:00:05

政府が産業政策や税制において大企業に特に便宜を図っていることはない、という指摘をいくつか教えていただきましたが、巷には、大企業への利益誘導はあるに決まってる、という人も大勢いますよね?

あるんでしょうか?ないんでしょうか?

ないとすれば、日本の権力構造を表現するときによく使われる「政財官のトライアングル」という表現も、権力批判したいときのキャッチフレーズみたいなもので、事実上の中身はない、ということですかね?

閲覧数:
33
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kurike7さん

2017/9/2012:05:08

政策(税制を含む)ってのは、
徹底的公平の貫徹を主目的にするものも無い訳じゃないけど、
ふつうは、
なんらかの重点的な目標があって、それに適合するところを「優遇」するので、
規模の大きさを重視する政策であれば、大企業に「便宜」を図っているといっていいものもあるでしょう。
逆に、小規模企業に「便宜」を図る政策もたくさんあるでしょう。

なんとかトライアングルは、また別の話です。

質問した人からのコメント

2017/9/25 20:54:48

なるほど、ありがとうございました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。