ここから本文です

ルーターや中継器などのインターネット接続のことについて質問です

アバター

ID非公開さん

2017/9/1511:42:21

ルーターや中継器などのインターネット接続のことについて質問です

調べたのですが言葉が難しくてよくわかりません、、
学んだことは数値が高い方がいいくらいしかわかりません。
そこでいま疑問に思ってることについて
わかりやすく専門用語などできる範囲でお教えしてもらえないでしょうか?

〇まず、ルーターそもそもをmbpsの高いものにしたほうがいいのですか?
ps4などのゲームを有線でやりたいと思っています。
"300mbps"だけのルーターと"300~866mbps"対応のルーターなどよくみるのですが
有線で繋ぐ場合2つに違いはありますか?
300は2,4GHz、866は5GHzと書いてあったりします。
有線では選ぶことができないようですが
その場合でも大きい数字のほうが良いのでしょうか?

〇次に一応かって損はないと思う866mbps対応のルーターを買ったとします。
中継器を繋ぎたいのですがこの場合中継器も866mbps以上対応していないと中継器からps4などに有線で繋いだとき弱くなりますか?

〇最後にオンラインゲームなどやってる方で
10000前後でラグがないおすすめのルーターや中継器、
使用しているおすすめなものなどあればご教授お願いします

オンラインゲームをしたいのでラグが無いようにしたいことを前提にしています。
わかりづらい文ですが
詳しくわかる方説明お願いします><



Wi-Fi 無線 有線 ルーター モデム

閲覧数:
316
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

Touristさん

2017/9/1519:56:07

ラグを少しでも減らしたい、ということであれば無線LANは使わないのが鉄則です。
1300Mbps無線LANと100Mbps有線LANとでは、100Mbps有線LANの方がラグは少ないと思ってください。

中継機を使って無線LANを2段にして使うなんてのは考えるのをやめましょう。ラグがとてつもなくひどくなります。

ですので、おすすめする方法は順番に、

1. 1Gbps有線LAN - ゲームする時は長いLANケーブルを使いましょう。

2. PS4の無線LANをWi-Fiルーターに直接接続する。

です。2ができない理由があるのでしょうか?
中継機に関して誤解と大き過ぎる期待があるように思います。
PS4の有線LANポートに中継機を繋ぐメリットは(PS4よりも中継機をWi-Fiルーターの近くにおけない限り)ありませんよ。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/9/1520:16:15

    無線の1300Mbpsより有線で100Mbpsの方が俗に皆がいう回線がいいということになるのですか…

    おすすめありがとうございます!
    1,は廊下をまたいでしまい、ドアのした天井などどのようにしてもドアで引っ掛かってしまうのです…なので1はきついんですよね…

    2はできます!
    できるのですが、部屋をまたいでいる。家族がいるのでスマホやpc、テレビなどたくさん無線でやるものがあり、弱くなってしまうのではないかと思い、中継器があれば自分の部屋でルーターと同じ強さの状態でできると思ったから取り入れようかなと思ってました。。
    このような場合でも中継器は介さず、ルーターから直接受け取った方のがいいのでしょうか、、?

    ちなみにps4など5GHzで繋げれたら
    そちらにしようと思うのですが初期型などなど都合が悪くできないので、、

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pon********さん

2017/9/1517:46:32

bpsと言うのは、ビット・パー・セコンド。
つまり、1秒あたりに転送出来るビット数。

従って、数字が大きい方が、1秒あたりに転送出来る量が多いと言う事で速いと言う事。



ネットワークと言うのは、直接接続しあう機器同士の間毎に通信速度は決まります。

有線LANで
機器A(100Mbps)------(1000Mbps)機器B(1000Mbps)------(1000Mbps)機器C

であれば、有線LANは10Mbps、100Mbps、1000Mbpsの3つが現状の規格です(10Gbpsも有るがまだ一般的では無いので)

各LANポートは、
10/100Mbps対応
10/100/1000Mbps対応
のどちらかになります。
つまり、1000Mbpsに対応するかどうかの違いです。

で、LANポート同士をLANケーブルで接続した場合、双方が対応する同じ速度の規格うち速い方で接続されます。
だから、
10/100Mbps対応

10/100/1000Mbps対応
とをLANケーブルで接続すれば、100Mbps。

10/100/1000Mbps対応
同士を接続すれば1000Mbpsになる。

すると、

機器A(100Mbps)------(1000Mbps)機器B(1000Mbps)------(1000Mbps)機器C



機器A------(100Mbps)------機器B------(1000Mbps)------機器C

こうなると言う事。

この状況で、機器Aから機器Cにファイル転送をするとどうなるか。

BC間は1000Mbpsと速いですが、AからBに届くのが100Mbpsなので、結果的には、Cには100Mbpsの速度でしか届きません。
でも、BC間の1000Mbpsが100Mbpsになるわけじゃありません。
Bに届くのが、BがCに送り出す10回に1回しか送る物が無いと言う事。

と言う事で、機器BC間がどんなに速くても、その前に遅いところが有れば、そこがネックになり、その速度以上にはならないと言う事。

だから、あなたの家までの回線の速度が50Mbpsしか出なければ、無線LANルータ以降が300Mbpsだろうが688Mbpsだろうが1000Mbpsだろうが50Mbps以下にしかなりません。


無線LANの場合は、規格+帯域幅+アンテナ本数により速度はかわりますが、双方が
対応する物の中で最速の物で接続されるのは一緒です。



で、中継機と言うのは、


親機==(電波)==中継機==(電波)==子機

こう言う物です。
電波を電波で中継します。
電波を中継する装置と言う意味で中継機です。
片方をLANケーブルにする場合は

親機==(電波)==イーサネットコンバータ(子機)------端末

LANケーブル(イーサネット)を無線LANにコンバートするイーサネットコンバータと言います。
中継機では無い。


で、この接続で、有線LANになったと考える人が多いですが、これは、端末での認識が有線LANになると言う事で、親機との間は無線LANで繋がっている事には変わらないと言う事です。
単に、内蔵の無線LAN子機か、LANケーブル接続の外部子機かの違い。
ただ、子機が端末本体と異なる場所におけるので、子機だけを親機に近づける事が出来ると言うメリットがある。
それにより、無線LANの状態が改善する可能性は有ると言うこと。
でも、本当の意味で有線LAN接続にしたいなら、親機からLANケーブルで接続しないといけない。

で、中継機を使った場合、それだけで、速度が半減する可能性がある。



そして、ラグと言うのは、端末とサーバーの間のデータの移動時間です。
ここで言うデータと言うのは、コマンドとしての1パケットのデータです。

測定する速度と言うのは、サイトのページデータを受信する時間の目安にする物なので、大量のパケットを送受信して、そのパケット間に他の通信が割り込まれる状況を見ています。

これに対し1パケットのコマンドのやり取りは、前にあるパケットだけが邪魔する物なので、測定した速度では単純には計れません。

なので、同じ1パケットが往復するのに掛かる時間を計測できるPINGと言う物の結果が重要になります。

pingは特定の相手に対して、1パケットのデータを送って、それに対する応答が返ってくるまでの時間がわかります。
つまり、コマンドと同じわけです。

これは時間ですから、値が小さい方が速いと言う事。
で、この時間がサーバーとのタイミングのズレで、つまりタイムラグになるわけです。

だから、速度が遅くても、ping値が低ければ、問題にはならない。
速度が速くても、ping値が高ければ、これは問題。
まあ、この場合、速いと言うのは、十分に速いと言う事で、速度低下はしているはず。


で、無線LANを使うと、このping値は有線LANに比べで高くなる事は間違いありません。
その上、何回かに一回くらい、ping値が跳ね上がるような事が普通に起こると思った方が良い。
それが電波の状況により、頻度があがる事になる。
それにコマンドの送受信がぶつかれば、ラグになる。

だから、ラグを出来るだけ押さえたいなら、全てLANケーブルで接続するべき。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kidさん

2017/9/1513:38:26

まず単位が間違い。
mbpsと書くと「ミリbps」となってしまうので注意。
Mbpsは「メガbps」
記載されている通りに正しく書くように。

有線LANを使用するのであれば、仕様の有線LANの部分を確認すること。
1000Baseに対応しているものを購入した方が良いです。

親機が866Mbps対応(11ac対応)なら、中継器の規格も親機と同等かそれ以上のスペックが望ましいです。

親機が866Mbps(11ac)対応に対し中継器が300Mbps(11b/g/n)までしか対応していないと性能をフルに発揮できません。

おすすめの機器より、回線が速くて安定していることがラグを発生させない、ラグを少なくさせる条件です。

機器がどれだけ高性能でも回線自体のスループットが遅いとラグが発生します。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

qwe********さん

2017/9/1512:51:02

一般的な無線LANルータは有線(LANケーブル)での接続もサポートしていますけど、その時に無線LANの速度の差は関係ないです。
契約しているインターネットの契約速度は把握していますか。

無線LAN(Wi-Fi)の速度というものは例えば、自宅内だけの速度であり、インターネットまでの接続速度ではない。

例えば、インターネットの契約速度が100Mbpsであれば、無線LANの速度が100Mbpsを超えていても、無線LANルータで速度が落ちることになる、、、

無線LANは親機と子機で無線LANの規格を合わせないと接続できません。

中継器は無線LANの電波の到達距離を延ばす為に使うものですけど、タイムラグを気にするなら、無線で接続すること自体が信じられない。

個人のインターネット接続では安定した速度を求めること自体が無理なことです。
安定させる為の機器なんてありません。

プロフィール画像

カテゴリマスター

tam********さん

2017/9/1511:53:35

300は2,4GHz、866は5GHz
この辺の数値はWiFi、つまり無線接続の話です、有線では関係ありません。

中継器との事ですがこの時点で親機と中継器は無線接続となるので中継器にPS4を有線で繋いだとしても無線で繋いでいるのと一緒です。

有線で極力ラグを少なくしたいのであれば親機と直接有線接続しなければなりません。

中継器は単に親機の無線範囲を中継して広げるだけです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる