ここから本文です

平成25年秋季応用情報

tat********さん

2017/9/1515:50:56

平成25年秋季応用情報

問11 システム監査
https://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/mondai_kaitou_2013h25_...

設問の(3)の予防的コントロールの解答についてですが、なぜ、プログラム変更者以外の者が本番環境に反映させることで不具合の発生を未然に防ぎやすくなるのでしょうか。

閲覧数:
20
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kxk********さん

2017/9/1521:31:27

>なぜ、プログラム変更者以外の者が本番環境に反映させることで不具合の発生を未然に防ぎやすくなるのでしょうか。

変更者でない者が作業すれば、ドキュメント化されていないものが、明らかになる(可能性が高い)からです。
インストール手順書とかで、例えばプロセスを再起動するタイミングが明確に書かれていない、とか。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

piy********さん

2017/9/1517:12:46

権限管理をきちんと行うことで、プログラマが好き勝手に本番環境をコントロールしたり不正を防止する目的ですが、反映させたプログラムのバグによって、うまく動作しなかったとしても、プログラマ自身が本番環境の変更点以外をいじくりまわすことで回避しようとしたり、テストもろくにしないで安易に本番に適応させて大事故につながるのを防止するためだと思いますね。本番環境への反映権限を設けることで「面倒な手続き」を1クッションおくことになり、管理者によってテストケース設定に従っているかなどの再確認を入れたりできます。本番環境へプログララマの誰もがアクセスできるということは、その分リスクが増します。それの回避だと考えますね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる