ここから本文です

マニュアルカメラでのストロボ撮影 閲覧ありがとうございます。 Nikon FやF2...

shi********さん

2017/9/1800:49:35

マニュアルカメラでのストロボ撮影

閲覧ありがとうございます。
Nikon FやF2にAS-1を取り付け、試しにストロボ(SB-700)を
装着した所シャッターを切るのと同時に発光しました。
半世紀

近く前の機械式カメラに現行品のストロボを取り付けて
発光するということ自体に驚いたのですが、これは設定さえ
きちんとすれば問題なく撮影できるということなのでしょうか。

シャッタースピードがFだと1/60以下、F2だと1/80以下で
同調するくらいしかストロボ撮影に関する知識がないのですが、
その他の設定はどのようにすれば綺麗に撮ることができますでしょうか?
よろしくお願いいたします。

閲覧数:
280
回答数:
13
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shi********さん

2017/9/2001:12:10

念のためですが、
ニコンFはシンクロタイミングを手動で設定します。四種類あるタイミングから選ぶようになっています。
F2はタイミングが二種類で自動切換えです。ご理解のように1/80以下でX接点、1/125以上でFP接点となっています。

Fでストロボを使用する場合はタイミングをFXという設定にしなければなりません。シャッターダイヤルのカメラ前面側に小さいプラスチックの窓があり、その中に文字が出ています。この文字は、シヤッターダイヤルの周りの銀の輪を持ち上げて回すことによって変更できます。

いまどきFP級などを使用する人は居そうにないのでFX以外の設定になっているとは思いませんが、時々手持ち無沙汰でダイヤルをいじったりすることもあるので、確認しておく方が良いでしょう。

念のためですが、...

  • shi********さん

    2017/9/2215:56:55

    ついでに撮影についてまとめます。絞りの設定の割り算だけの話で、そんなに難しいことではありません。

    SB-700のガイドナンバー (GN) は28@ISO100です。GNはフィルムの感度によって変わり、フィルムの感度がN倍になるとGNは√N倍になります。例えばフィルムの感度が400の場合はGNは 28 * √(400 / 100) = 56になります。

    撮影するときは
    レンズの絞り値 = ガイドナンバー / 被写体とレンズの距離 に絞り値を設定します。
    例えばISO100のフィルムで5mの位置から集合写真を撮る場合
    レンズの絞り値 = 28 / 5 = 5.6
    となるので、絞りを5.6にあわせて撮影します。フィルム感度が400であれば
    レンズの絞り値 = 56 / 5 = 11
    となります

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/12件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ame********さん

2017/9/2315:43:37

F2にAS-1付けて使っていましたが、外光オートストロボの方が使いやすいです。
パナのPE321SWですが外光オート、マニュアルは5段階切り替え、日中シンクロも出来ます。先日ヤフオクで1100円で買った人がいます。(競り負けました)2500円も出せば程度の良いものが買えます。

SB700はマニュアルで使うのは厳しいです。デジタルで使う分には試し発光を繰り返して設定を合わせられますがフィルムでは出来ませんので勘と経験の世界です。
外光オートストロボをお勧めします。安く買えます。

外光オートは自動調光のようにきめ細かく調光できませんが、フィルムではラチチュードが広いのでデジタルでは完全に白飛びするような明かるさでもフィルム特有の粘りがあります。フィルムでは実用上全く問題ありません。

それからSSは何が何でもシンクロスピードでという事ではなく、周辺の明るさを考慮して決めます。シンクロスピードもF2の古さでは1/80が良い過減だったりするので1/60でやるとか、部屋の装飾やバックの人も写し込んだ方がストロボ臭くなくなるという事で1/25位でシャッターを切るという事です。この辺はノウハウですね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

pho********さん

2017/9/2300:23:39

中古屋行ってガンカプラー探して、1000円くらいの中古外光オートが効くストロボ買うほうが早いのじゃないですか。扱えない機械式の旧式カメラを引っ張り出してきて無理に使いにくい組み合わせでストロボ光らせるなんて、F2が現役の時代にも流行りませんでしたよ。

pit********さん

2017/9/1819:40:32

>これは設定さえきちんとすれば問題なく撮影できるということなのでしょうか。
その「設定さえ」ということが出来るかどうか?はあなたの腕次第という事です。

SB-700は、専用カメラと連動するTTLオート発光と完全マニュアル制御での光量設定は備えていますが、ストロボ単独で光量を計測するシステムは持っていません。
ですので、専用カメラではないFやF2使う場合、ストロボ側も完全マニュアル制御での光量設定で、必要な光の量を毎回セットしてやる必要があります。

必要な光量はガイドナンバーを使って、被写体との距離で計算して絞り値を算出し、カメラ側はその絞りをセットし、現場の定常光を加味してシャッター速度を決めます。
上記の文章を読んで「なるほど」と思う人は使えますが、「ナンノコッチャ?」という人には全く実用することは出来ないでしょう。

ストロボ単独で光量を計測するシステムで発光量を自動的に決める「外交オートシステム」を持っているのはニコンではSB28迄で、社外品でも結構旧式のものになります。
FやF2使う場合はそちらのほうが使いやすいでしょう。

とはいうものの「同調速度以下でストロボを使う」という意味であったり、定常光とストロボ光の露出計算であったり、基礎的な理屈とそれを現場の状況に当てはめて露出決定できる能力がなければ、きれいに使いこなす事はまずできないと思われます。

hay********さん

2017/9/1811:36:52

このように、完全マニュアルカメラに対しマニュアル発光だけできるストロボを、完全マニュアルカメラに付けて、実際に使おうとすると、それはもう、艱難辛苦の技なのです。

(というか、当時は、それを当然のこととして使える技術力のある人だけが使ってたのでして、その人が「写真係」として使われていたわけです。)

それは、フツーの人には、あまりにも「敷居が高い」ということで、メーカーが出してきたのが、「GNニッコール」。
http://merylu.exblog.jp/22055205/
レンズ側で、撮影距離に応じて、絞り値を自動調整してくれるという、それは凝った仕組みです。

SB-700と、F・F2とで実撮影するには、ほとんど必需品と言っていいレンズなので、なんとしてでも中古カメラ店で、手に入れることをお薦めします。


もっとも、当時、すぐ、「外光式オートストロボ」が、出てきて、この手の機構の入ったレンズは、結局、日本光学と東京光学の2社からしか出ませんでしたが。
(一方、いつも負けず嫌いのキヤノンは、CATSという仕組みで対抗してました。)

外光式オートストロボ:カメラボディ・レンズは絞り値を固定しておいて、ストロボ側に受光素子を持ち、発光させつつ、測光し、一定量の光量を判定した時点で、消灯する仕組み。

qum********さん

2017/9/1810:40:53

FやF2をお使いになるなら
フラッシュメータを使ってみましょう。
それが一番です。
ガイドナンバーは公称値なので経年劣化でその値でないこともあり得ますしね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる