ID非公開

2017/9/22 17:26

11回答

マーク模試の国語の点数は取れるのに、センター試験の過去問をやると点数が取れません。

マーク模試の国語の点数は取れるのに、センター試験の過去問をやると点数が取れません。 とくに古典の問題が難しいです。 センター試験の方が模試より難しいのでしょうか? あと、対策としてどんな事をしたらよろしいでしょうか?教えて欲しいです。

大学受験90閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

たいていの場合は、模試の方が難しく作られています。 本番と同じレベルだと、上位が満点勝負になってしまうので、合格判定が出しにくくなってしまうのです。 あなたの場合はおそらく偶然だと思います。 点数も明確でないし、間違えた問題を分析した結果に関しても全く触れられていません。要するに対策以前のことができていないのです。 この時期から始めることでもないのですが、やらなきゃどうにもなりませんので以下のことをやってください。 点数が低すぎるなら、そもそもセンターの問題を解く資格すらありません。もっと低いレベルからやっていかなければならないでしょう。もちろん、足りていない知識をたくさん補っていかなければなりません。 ある程度解ける問題があるならば、しっかり分析してください。 分析すれば、何が原因で間違えたかわかります。 読み間違えたのか、単語の知識がなかったのか、文法の知識がなかったのか、なんで間違っているか理解できていないのか。 自分がマークした答えは、「これが正解だと思う」といえる根拠があるはずです。その根拠を考えながら答え合わせをしていますか? 宝くじの当選番号を確認するようなことをやっているようでは、永遠にできるようにはなりません。国語ではそんな受験生が多いのが残念です。 「まったくわからなかったから適当にマークした」というのも大事な根拠です。そのような問題なら、仮にそれが正解であっても、勉強の段階では「できた」とは言えませんよね。 仮に「これかも」という根拠があったとすれば、それが正しかったのか誤っていたのか判断ができるはずです。 「これを根拠にマークしたが、この知識が足りなかったから不正解だった」というなら、その知識を入れなければならないと容易にわかります。 足りなかった知識が複数あってこんがらがりそうなら、問題演習はほどほどにして暗記に必死になる必要があるでしょう。 「2つにまではしぼれた」 「これだけは間違っていると判断できた」 というのも重要です。 2つまでしぼれれば、正答率は50%になりますから、偶然正解できる可能性が高くなります。 そうなれば、模試と過去問での点数に誤差が出る可能性があがりますよね。 とにかく分析。 分析をした結果どうするか決めてください。

1人がナイス!しています