ここから本文です

建築に詳しい方からすると、帝冠様式というのは価値の無いものなのでしょうか。 ...

san********さん

2017/9/2315:20:22

建築に詳しい方からすると、帝冠様式というのは価値の無いものなのでしょうか。
私は建築関係はよくわからないのですが、私にはかっこ良く見えます。

閲覧数:
360
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kag********さん

2017/9/2423:13:14

正式には「帝国冠帽様式」と呼ばれ、日本発の数少ない(固有の)様式です。
鉄筋コンクリート造の建物に和風や古代中国風の屋根を載せたものを指しますが、建物自体はヨーロッパのリバイバル建築に劣らぬ重厚さを持っています。
建築物全体としてモダニズム建築が上位の建築であるとか、ギリシャ・ローマの古典建築がそのまた上の価値を持つということはありません。
それぞれの建物がそれぞれの価値を持つと考えることが重要です。
先月、台湾で帝冠様式の建物をいくつか見てきました。旧満州の帝冠様式の建物も見たくなりました。
>私にはかっこ良く見えます。
私も同感です。素晴らしいと思います。
建築関係者でも建築史に興味のある人しか知らない語彙をよくご存じですね。素晴らしい!!!!

  • 質問者

    san********さん

    2017/9/2507:15:56

    ありがとうございます。
    日本から見た(日本が考えた)「洋」と「和」を同居させた建築様式は、世界に誇ることの出来る日本の独自文化と考えてます。

    だけど、帝国冠帽様式を代表する建造物と言われることも有る九段会館は取り壊す予定。同じ様式を取り入れた他の建築もあまり大事にはされてない様子。
    少し胸が痛みます。




返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nar********さん

2017/9/2413:44:51

当然、歴史的な価値はあります。
イタリアではカサデルファショという、ファシズム建築がモダニズム建築の1つの傑作としてあります。

帝冠様式は、軍国主義的な建築に見られがちですが、どちらかというと植民地建築から脱却しようという民族主義的な建築で、他のアジア圏にも似たような植民地建築と土着の表現の融合建築は多くあります。

かっこいいみたいな趣味的な意義はもちろん否定しませんが、
その日本的な建築としてのオリジナリティの作り方は屋根に日本の屋根を乗せた安直なものになりますから、知的な創作物ではない点で、その後の丹下健三などの戦後の日本的な近代建築と比べると専門家的には幼稚な建築と見られる事が多いです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる