ここから本文です

よく救急車に搬送されるとき、たらい回しとかで死亡する人がいるとニュースで見ま...

アバター

ID非公開さん

2017/9/2320:30:47

よく救急車に搬送されるとき、たらい回しとかで死亡する人がいるとニュースで見ました。もし自分が救急車に搬送された時、たらい回しにあわないようにするにはどうすればいいのでしょうか?

閲覧数:
234
回答数:
9
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nao********さん

2017/9/2321:10:28

どうしようもないです。
救急隊員は応急処置はしますが、本格的な医療行為は出来ないので、まずは一番近い受け入れ先に連絡しますが、そこで専門治療が出来ない状態であれば、次に、考えれる病状から最適な医療機関に連絡を取り、受け入れ可能かを確認します。
要はたらい回し状態になります。

救急と受け入れ連携システムを取っている自治体もありますが、それもリアルタイムではないので、その場で空きがあると表示されててもいざ連絡取るとべつの急患が入ったとなる場合もあります。

で、質問者様が何の疾患で搬送されたかにもよります。意識不明なら話せませんし。
できる事とすれば、持病のメモとかかりつけ病院、お薬手帳等を常に首からかけて、免許証、保険証、お金等を常に身につけておかないといけなくなります。

要は運です。
家で倒れるか外で倒れるか、事故に遭うかすら分かりませんし。

これが今の救急医療の現実です。
後は東京都内に住む。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/9/2321:13:44

    回答ありがとうございます。東京都内に住めばたらい回しを防げるとはどういうことでしょうか?
    総合救急病院にかかりつけ医が入れば優先して搬送出来るからかかりつけ医はいた方がいいのでしょうか?教えて下さい。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kdl********さん

2017/9/2400:43:36

病院の特別会員になっておくのが良いかと思います。

例えば、有名なのは順天堂リフレッセクラブとかですね。
つまり、病院に寄付金をたくさん払っておけば大丈夫ですよ。
たくさんと言っても年会費は30万ほどなので、リーズナブルだとは思いますが。
入会金は100万ほどですが、一回だけですし。

その程度さえ払えない人は、諦めるしかないです。

まとめると、事前の準備が必要です。
その緊急時にバタバタしても手遅れです。

ご参考になれば、幸いです。

huz********さん

2017/9/2400:58:43

医療が疲弊していない地域に住むのが1番ですね。単純に都市部、地方という概念ではなく、近くに総合病院が複数ある地方の都市部などがいいかと。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

fuj********さん

2017/9/2411:06:27

そういうものはありません

意外かもしれませんが、受け入れ拒否の問題は田舎より都市部、大都市に集中して発生しています

これは、確かに都市部は病院もたくさんありますが、病院の数以上に都市部は救急車の出場件数がもの凄く多く、どこの病院もカツカツだから

また、病院が多い為に「うちが断っても他が診てくれる」という意識が強い事も都市部で受け入れ拒否が多発している原因です

他の回答者で東京が良いみたいな事を言ってる方がいますが、全く持って無知と言わざるを得ません

逆に東京は受け入れ拒否はもの凄く多く、救急車内に収容しても毎回毎回何件も受け入れ拒否され、逆に1発で決まる事の方が少ないので30分、40分出発出来ないなんて普通ですよ

1時間とか数時間受け入れ先が決まらないなんていうのも東京では普通ですよ

また、都市部はくだらない救急要請や外来患者が多く、そういう患者で1次救急や2次救急は手一杯です

だから、そういう軽症患者が3次救急、つまり救命救急に流れ込んでいて、結局3次救急も軽症患者で手一杯になり、本来3次救急が受け入れるべき重症患者を拒否しなければならない状況になってます

つまり、ドミノ倒しみたいな事になっているわけで、本当に救急車が必要な心肺停止などの重症患者が救命救急センターでさえ受け入れ拒否され、迅速な搬送ができていないのが東京をはじめとする都市部の現状です

更に、都市部ほど専門外の患者は診たくないと、専門外の患者は拒否する傾向が強いのも受け入れ拒否が多発している原因の一つです

これは、理不尽な医療訴訟が原因で、今までは専門外でも受け入れていた医師が、専門外の患者を受け入れて努力しても亡くなり、家族が訴え、専門外なのに受け入れた事を問題視し、「専門外の患者は受け入れてはダメ」という判例ができてしまい、その訴訟以降、全国各地で専門外の患者を拒否するようになりました

つまり、医療体制をダメにしているのは国民達でもあるという事です

一方で、地方はというと地域環境にもよりますが、東京など都市部のように酷い状況のところは案外少ないです

もちろん、地域の医療機関の環境や医療機関とと消防が連携を取れてる地域とそうではない地域で差はありますがね

地方は病院の数がもちろん少ない事もあり、「自分が受け入れなければどこが受け入れる」という意識が強いのが地方の特徴です

地域によっては地域によって予め搬送する病院が指定されていたり、救急現場ではなく救急車が出場した段階で医療機関に収容交渉をするようなところもあります

更に地方ではドクターヘリやドクターカーによる救急医療が盛んな地域が今は多いので、実は都市部以上に救急医療体制はしっかりしてきていると思います

私は今は千葉県に住んでいますが、私の地域を含め救急患者の受け入れ体制があまり良いとは思えません

日中はドクターヘリがありますが、夜間はやっぱり大変なようです

私の故郷の長野県は逆に救急医療体制は良いです、もちろん長野県は広いので地域にもよりますがね

私の実家のある諏訪地域は救急患者のたらい回しのような事は昔から一度もありません

諏訪地域は各市や町に総合病院というか地域の基幹病院的な医療機関が最低一つはあり、基本的な救急患者には対応できる事がたらい回しが少ない理由の一つです

また、救急患者は基本的に断らないという体制なので、どうしても受け入れが厳しいという状況でなければ受け入れてしまいます

だから、1発で受け入れ先が決まる事が大半ですので、1、2件は断られる事はあっても都市部のように5件以上とか十数件、数十件受け入れ拒否という事はまずありません

あと、自分で気を付ける事はやはり病院で問題を起こさない事ですね

病院でスタッフに暴言を吐いたり、ルールを破ったり、医師の指示を聞かないなどの非常識な行為はしない事です

そういう事をするとブラックリストに載ってしまい、その病院では2度と診てくれません

どの病院にもブラックリストは必ずあります

数件ならまだしも十数件や数十件受け入れを拒否される患者というのは大体、患者に問題がある事の方が多く、あちこちの病院で問題を起こすからどこの病院もブラックになって診てくれなくなるのです

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

t_e********さん

2017/9/2421:56:12

要請する内容にもよると思いますよ。
精神疾患や複数科目の診療が必要そうな内容ではなかなか決まらないこともあります。

東京では、確かにろくでもない内容で救急要請する人もいます。
他の回答者さんが書いている通りなかなか決まらない事もありますが、東京には東京消防と病院での取り決めがあり、5件以上断られた場合と病院の選定に20分以上かかった場合は当番の病院がとりあえず診るという取り決めがありますので、たらいまわしになる事はないです。
また、1、2次の人が3次に流れ込む事もありません。なので、重症で救命センターへの搬送が必要な時にはすぐに決まります。

con********さん

2017/9/2823:58:54

かかりつけ医を作り、かかりつけ医と強い信頼関係を築いておくことが大切と思います。

個人で権利意識丸出しの姿勢で受診を迫っても、その様な輩は訴訟のリスクも高いと思われて敬遠されます。権利意識丸出しでなくとも、都市部ではその様な人が多いので、情報がなければ訴訟リスクの高い人と判断される可能性が高いです。

一方で、かかりつけ医と信頼関係がしっかりと築けている人は、上の様な『権利意識丸出しの人とは考えにくい』と思われますし、それまでの経過の情報がもかかりつけ医から得られるので、救急で受ける側も安心できます。場合によっては、かかりつけ医から紹介という形で受診となり、より一層スムーズに救急を受診できるでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる