ID非公開

2017/9/24 12:00

44回答

黒留袖の件でお知恵をお貸しください。 息子の結婚式で着用する為の留袖を検討していたところ、親戚の方からいただきました。着物の事は余り詳しくないのですが、少し派手なような気もしますが

黒留袖の件でお知恵をお貸しください。 息子の結婚式で着用する為の留袖を検討していたところ、親戚の方からいただきました。着物の事は余り詳しくないのですが、少し派手なような気もしますが 大丈夫でしょうか? 帯がかなり地味ですが もう60代です それとお礼の件もあるので、着物の価値も知りたいのですが、落款の上に書かれている文字はなんと書かれているのですか? 落款はどなたのものか分かりますでしょうか? この品は友禅と考えて良いでしょうか、 落款の他にますいわ屋タグとます美ガード4.8.27のシールが縫い付いてあります 触った感じ表は正絹と思っていますが 裏は正絹では無いような気もします自分が結婚する時に買った物より薄っぺらいです ミシン仕立てです

画像

着物、和服2,914閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

和装関係に勤めています。 この黒留袖は京友禅かと思われます。但し著名な作家ものということではなさそうです(そもそも京友禅は分業で着物を作るので、作家と言われる方は少ないです)。 お祝いの席なのでご自身が少し派手と思われるぐらいでちょうどいいかもしれません。それでも派手だと思われるのでしたら、文中にある地味目の帯をしめられたら良いのではないでしょうか。 お着物の値段ですが、ますいわ屋のタグがついているということから『東京ますいわ屋』という着物屋でご購入された可能性があります。 『東京ますいわ屋』は高級呉服の全国チェーン店なので、それなりの金額はしたかと思われます。ただ『ます美ガード』のタグがついていることから考えると、親戚の方がご購入されてそれなりに時間が経っているのは間違いありません(確か現在ではガード加工のことを『はればれ加工』と言っているので)。 ですからお礼はお気持ち程度で良いのではないでしょうか?

その他の回答(3件)

0

○年齢にふさわしい柄だと思います。 金も使っているようですので、京友禅だと思います。 ○落款の上に書かれている文字は、真ん中の文字が読めませんが 琳派○陸橋図と書かれていて絵の説明というかタイトルです。 有名な作品を写したり、アレンジしたものも時々あるので 探してみましたが見つかりませんでした。 作家名ではなく、お着物自体の価値とは関係ないことは確かです。 ○落款も博のようにも見えますが・・・??? ○美ガード4.8.27は、『美ガード』加工を2004年8/27に施しています。 ということで、お手入れ無料期間などがある場合もありますが、有効期限や 内容の詳細に関しては、各社いろいろですのでわかりません。 良いものでも変色するのでわざと裏は合繊にしたりすることもありますし、高価なものでもミシン仕立てにすることはありますので、両方価値を測る決定打にはならないのですが・・・ 特別良い品でしたら、いとこと添えて下さるのではないかとも思います。 お着物のいただいた場合、相応する対価にふさわしいお礼をする必要はないので (業者に手放すとしたら、二束三文ですから。) 貸衣装を借りると思ったら・・・・程度のお礼と着用した姿を見てもらえればいいのではないでしょうか。

0

色目が落ち着いていますので、帯が地味ならまだまだ着られるのでは。 留袖は裾にしか柄がないので、赤を多用した花柄などでなければ、年齢に関係なく着られるものが多いです。 金銀の入っているものは、床置きと着るように立ててみたのではかなりイメージが変わったりします。 使っている箔や技法によるのでしょうか、床に置いて地味かなと思っても案外派手だったり、逆にぐっと落ち着いて重厚さが増したり、色々です。 この裾模様だと、右手に写っている白い花の左隣の赤味のある箔、これが赤が浮き立ってくるようだと少々派手目になりますが、多分押さえられてほんのり赤味が透ける感じになるのではないかと、それなら年齢を問わない雰囲気になるのではないかと思います。 一度羽織って、裾合わせだけしてみられると雰囲気が分かると思います。 裏地や比翼はポリを使っている場合もあります。 白の正絹は変色しやすいし、汗染みなども付きやすいです。 緊張すると気がつかなくても冷や汗などもありますから、正装のシミを嫌ってポリを選ぶ方もあると思います。 比翼も変色・シミを考えて、比翼だけポリになさる場合もあるそうです。 ガード加工をますいわ屋でしてもらっているようですから、お手入れについての問い合わせをしてもいいし、持ち込んで素材を確認して貰ってもよいと思います。 仕立てについては、お直しの必要がない寸法なら、気になさることはありません。

0

60代前半ならば、お召しになれると思います。 お着物の事は、ますいわ屋さんに持って行って お聞きになるのが 宜しいかと思います。