ここから本文です

こんにちは 愛犬が先日亡くなりました。 小さい頃から生活を共にして、私の人...

アバター

ID非公開さん

2017/9/2500:50:18

こんにちは

愛犬が先日亡くなりました。
小さい頃から生活を共にして、私の人生の半分以上を一緒に過ごしました。
亡くなる数ヶ月前からは寝たきりでしたが、一般的な平均寿命以上生きてく

れとても嬉しく思っています。
亡くなった時、私以外の家族は涙を浮かべ名前を呼んだりしていたのですが、何故か私は泣くことができませんでした。色々な出来事を思い出すと悲しくなりますが、理由はないですがどこかで愛犬の死を納得してしまっている自分がいて、この十何年を一緒に生活出来て幸せだったと感じるのです。

過去にペットを亡くした方にお聞きしたいのですが、皆様は亡くなった時何を思いましたか?

また会いたい。
もっと何か出来たのではないか。
という後悔と悲しみを表に出さなければ正常ではないのでしょうか?

精一杯生きてくれた愛犬の姿に私は悲しみよりも喜びが込み上げてくるのです。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
2,807
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kon********さん

2017/9/3009:18:20

私も10年以上飼っていた猫を病気で亡くしました。
余命宣告を受け心の準備をしていたからでしょうか。亡くなった直後涙は出ませんでした。
でもしばらくたって、たとえばいつもの定位置にいないだとか、無意識に名前を呼んじゃうだとか、ふとした瞬間に気づいたら涙が溢れています。
悲しいから泣いているの?と言われたらちょっと違います。
言葉で言い表すのは難しいのですけれど…。虚無感?とにかく気づいたら泣いています。

私は、質問者さんみたいに精一杯生きてくれた愛犬に対して喜びがこみ上げてくるのは間違っていないと思います。
泣いてばかりではペットも安心して天国へは行けないです。
それよりも笑ってくれていた方がペットも嬉しいはず。

かといって、質問者さんが言うように悲しみ泣いている人を異常だとも思わないです。
笑って天国へ見送ってあげられる人、悲しくて笑って見送ってあげることができない人、もっとああしてあげればよかったと後悔する人…。

ペットと過ごした時間は人それぞれ違うようにペットの死に対して思うことも人それぞれ違うからです。

だけどペットを愛おしいと思う気持ちは同じではないでしょうか?

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「愛犬の死 会いたい」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

don********さん

2017/9/2722:07:07

正常じゃないということはないと思います。
悲しみより喜びが込み上げてくるのは、飼い主として家族として悔いなく精一杯関われたからじゃないでしょうか。
私は去年、推定21歳で20年間連れ添った猫を亡くしました。
私は悲しみと後悔が多かったです。
うちも平均寿命より長く生きてくれたので老衰もあるかもしれませんが結果的に死因は腎不全だったので、早期に気付いてあげればもっと長く生けられたんじゃないのか?
介護の中でもっと楽に過ごせる方法もあったのではないか?
などと色々考えてしまい後悔が先に来てますが、一緒に過ごしてきた20年間は互いに癒され楽しくて幸せだったという思いもあります。
たまたま仕事の休みが続き看とることができ、病気から解放され楽になれたんじゃないかな?と後悔と同時に安堵感も少しありました。

1年経ってやっと、これだけ長く生きてくれたので互いに幸せだったかなと思えるようになりました。
でも写真や思い出を振り返ると、会いたいし撫でたいし声聞きたくて寂しくて家族に隠れて泣いてしまうことがいまだにあります。
人間と違って、言葉にして互いの気持ちを伝え合えなかった部分もあって後悔に繋がってるってのもあるかなと。

質問者さんのような感情を持てるのが飼い主として本望なのかもしれません。

ash********さん

2017/9/2520:23:49

心からお悔やみ申し上げます。

私は過去に何頭もペットの犬猫の死を経験しましたが、その都度何を思うかは違います。

看取ってすぐに幸せだったと感じて納得できた時もありますし、呆然とするばかりで悲しみの感情も納得する気持ちも湧かずに喪失感を長く引きずった事もあります。
荼毘の際はいつも涙が出ますが。

長く介護を続けていたり看取りに立ち会えた飼い主は、ペットが息を引き取った瞬間目の前のペットが楽になれて良かったと思うと思います。
愛する者が苦しみから解放された事を喜び安堵するのは死を喜ぶ事とは正反対の感情で愛情の延長です。
事故による急死や介護も看取りもできない死は、受け入れ難いものですが。
ペットと生前どのように関わりどのように旅立ちを迎えたかが、その時の感情を大きく左右するのかもしれません。

質問者様のように精一杯生きてくれた愛犬の姿を素直に賞賛できる事は立派な事だと思います。

悲しみや後悔を表に出す人が多いかもしれませんがどちらの感情が正常とか異常という事ではないと思います。

har********さん

2017/9/2510:27:29

なんだかとってもわかる気がします。
私も色々なペットを飼いまして亡くなった子も看取ってきました。
中には不慮の病気(癌など)で亡くなった子もいましたが本当に残念でなりませんでした。
寿命以上に生きた子はお別れはとっても悲しかったけれど「いつかまた会おうね」と死後の世界を信じてないくせに思っています。
私の場合はしばらく泣きはしますが。。。

よく「なくなった時可哀想だからペットを飼わない」という方もいますが
お互いに幸せの共有をしたのであればいいと思うんです。

お互いに精一杯の愛情を育んだ結果なのだから絶対にお別れ時に泣かなくてはいけないとかないと思います。
その子との想い出を大切にしていればその子も幸せだと思うんです。

質問者様よりも飽きて捨てたり人にあげる人のほうがよほどおかしいと思いますよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる