ここから本文です

国文法の単語訳について。 「発見したり」を単語にわけるとき、なぜ「発見し」...

kat********さん

2017/9/2818:46:32

国文法の単語訳について。

「発見したり」を単語にわけるとき、なぜ「発見し」と「たり」に分かれるのですか。詳しく教えてください。

閲覧数:
25
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sap********さん

2017/9/2820:21:25

まず、テニヲハのたぐいは1単語なので「たり」で1単語です。残りの「発見し」(発見する)についてですが、これは複合語なので「発見し」で1単語とみなします。「〜する」のほかにも、
・たこ焼き(たこ+焼き)
・話し合う(話す+合う)
・申し訳ない(申し訳+ない)
など、複合語はすべて1語扱いです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

oko********さん

2017/9/2819:58:22

発見:名詞+「する」=発見する(動詞)の連用形
たり:並列の意味の接続助詞(元は完了の助動詞「たり」)
よって、「発見し・たり」

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる