ここから本文です

住宅の外壁塗装に際し、コーキングについて教えてください。 今、外壁塗装を考え...

seigo_machikawaさん

2017/10/311:19:56

住宅の外壁塗装に際し、コーキングについて教えてください。
今、外壁塗装を考えておりまして、業者さんとの打ち合わせの中で塗料は対応年数20年超と言われている塗料を使おうと思っておりますがシーリングは業者さん

とのお見積されている物がペンギンシールと変成シリコンのノンブリードタイプと一般的なもので大丈夫と言われております。
自分としてはオートンイクシードなどの長寿命などの方がよいのではと思っておりますがいかがでしょうか?
塗料との相性もあるとネット情報も多く悩んでおります。
詳しい方是非ご教示頂けませんでしょうか?

閲覧数:
157
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

曽根 省吾さんの写真

専門家

2017/10/400:04:40

オートンイクシードは何度も施工していますが、発売間もないですが耐久性はデータ上では優れていますね。

シーリングは先打ちと後打ち施工の二通りありますが、いずれもうちはオートンはすべて後打ちでした。
硬化が非常に遅いので、後打ちが行程的にもいいです。

※オートンイクシードを使ったサイディング塗装の施工です。
https://www.facebook.com/tosoushokunin/posts/1439674639436773

その時の施工の様子です。シール部分は少ないですがシールの劣化などの経過がわかります。
https://youtu.be/x09H5sESdHU

変性シリコンとウレタンですが、ウレタンのほうが密着度がいいです。

取引あるすべてのシール屋も同じ考えですよ。

塗装をしなければ変性のほうが適していますね。

20年の耐久性をもつ塗料は存在すると思いますが、それをそっくりそのまま家に持ってくるのは意味合いが異なってき来ると思います。
たとえば1平米の板に耐久性20年の塗料を塗れば持つと思います。
ほぼ動きがないですので。

でも家は、軒やら開口部のサッシ、破風板、帯、ましてやサイディングだと思いますので、それぞれ素材が違うもので家はつぎはぎで外観が出来上がっています。

それぞれ動きがありますし、取り合いで隙間もありますし、どんなに耐久性のある塗料を使っても20年持たせるというのは大変だと思います。

オートンイクシードのデータ上の耐久年数はすごいですが、通常だと塗装より先にシールが傷んでしまうところを、塗装とトントンになったという解釈のほうが正しいのかなと思います。

  • 質問者

    seigo_machikawaさん

    2017/10/0418:15:23

    回答ありがとうございます。
    おっしゃるとおり20年とは正直思っておりませんが今回の塗装で壁の劣化よりもシーリングの剥離が目立っての施工になりますのでやるからにはトントン位までもてばいいなとの思いからの施工になります。貴重な意見、情報ありがとうございます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/10/5 17:41:39

色々なご意見をお聞きできて迷いましたが、こちらの回答をベストアンサーとさせていただきます。
ありがとうございました!

回答した専門家

曽根 省吾さんの写真

曽根 省吾

リフォームコーディネーター

行政機関からも認定を受けた技術と経験で高品質な塗装工事を提供

・株式会社塗装職人代表取締役、 ・一般社団法人外壁塗装協会、代表理事 視聴回数400万回のユーチューブ動画では、住宅の外壁塗装からマンション大規模修繕の防水まで素人の方にも分かりやすく情報発信する塗装業者。 東京都内と神奈川県横浜に拠点がある株式...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

god_okatatuさん

2017/10/318:18:45

塗料が20年持っても他が持たないので、結果として20年耐久と言うのは塗膜の話だけです。良識のある業者なら、そのあたりを説明してくれます。もっとも、聞いてもいないのに20年を超える耐久があると言って高い塗料を勧められたのならば、その業者を信用するのは止めたほうがよいかもしれません。金取主義です。

防水問屋さんの話では、オートンは耐候性があると言いながらやっぱり上に塗装をかけないと劣化が早くトラブルになっている物件があるとのこと。。。安心出来るのはやはりノンブリード変性シリコンなのかと思います。各社ノンブリードのサイディング向け変性シリコンが出揃っているので、安定性もあるのかと思われます。
もし、変性シリコンよりもウレタンシーリングのほうが塗料との密着性が高いという点を重視しているのでしたら、シーリング材と塗料とでは伸び率の違いがあることを考えてください。塗料が完全硬化してからシーリングに動きがあれば塗膜は簡単に割れます。なので、どちらを使っても大差ないです。ただし、施工の良し悪しによる問題は必ず起きますので、その点は業者選びの時に留意してください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

hytenbugutyさん

2017/10/313:35:52

予算が許すなら高耐久シール材を使うべきです。

フッ素か無機塗料を使用されるのでしょうか?

シールが露出せず塗料で保護されるのであれば結構長持ちしますが、いい物を使うに越したことはありません。


ただ、目地が浅かったり、細すぎてシールの厚みが十分取れない場合はいくら良いものを使っても、期待する耐久性は得られませんのでお金の無駄かもしれません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mjnhnl_mk361さん

2017/10/311:38:48

そもそも20年以上もつ塗料などありません。その業者の胡散臭さ全開です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

yasuto07さん

2017/10/311:21:52

塗料やさんに言わせると、どんな高い塗料、コーティングより、こまめな手入れ、塗装をという話を聞きました、いみわかりますか。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。