ここから本文です

これは目の病気ですか? それとも別の何か? 僕は高校生です。僕は小さい頃から...

アバター

ID非公開さん

2017/10/411:33:03

これは目の病気ですか?
それとも別の何か?
僕は高校生です。僕は小さい頃から人に色が付いてみえます。
他にも物の回りに白いもやが見えたり、人の顔を想像すると、色がついてます。
画像

のように、だいたい人の頭の上から肩にかけて色のついたベールのようなものが見えるのです。
ネットで調べると、オーラがどうのこうの書いてありました。
僕は目の病気ですか?
それともオーラが見えるのでしょうか?

オーラ,ベール,白いもや,色覚,共感覚,高校生,色

閲覧数:
116
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yatk2271さん

2017/10/414:09:28

多分オーラが見えるのです。

この現象について、理解できない医師は脳の障害だと言いますが違います。
なんでも、脳の障害にして薬を投与して責任逃れした上、儲けているのです。

あなたは、そのようなことがこれからもどんどん増えてくるでしょうが、深刻になる必要もありません。
そういうもので、人に見えていないことまでもが見られるから得したぐらいに思いましょう。

私もそうですが、毎日色の光の中で暮らしています。
とっても綺麗で、お得してま〜す( ^o ^ )//

  • yatk2271さん

    2017/10/0418:50:27

    黒いオーラが何十種類も、テカリまでついて見える場合もあります。
    それは見事な色パターンです。
    だからと言って、黒だから死でもなければ、怒りでもありません。

    白いオーラも普通にあります。

    一口にオーラと言っても、人により見え方も様々です。
    一人一人違う見え方があるのです。指紋のように違います。
    でも、楽しんでください!
    気にしていたら、きりがありません。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

2017/10/706:36:23

オーラですね。人の気(霊体)を感じて脳が色に変換します。色が決まっていて、いつもなら、共感覚といってもいいと思います。私も見えますよ。

オーラのことは↓です。
https://blogs.yahoo.co.jp/missing_link_missing/49168741.html

図は、色がついてるのはかなり肉体に近いところですね。もっと外側にもありますよ。それをみれば、色が多様だとわかります。

プロフィール画像

カテゴリマスター

tmtmtm666さん

2017/10/623:22:57

オーラが見えているのです。

akari_campusさん

2017/10/623:19:55

共感覚と言います。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%B1%E6%84%9F%E8%A6%9A

あなたの場合はオーラが見えるという事なのでしょう。
オーラは人の雰囲気に色を付けて知覚しているものです。
こういう時の人は何色、この人の場合は何色、と理解を深めればもっとよく見えるかもしれません。
そして一瞬で通常わからないような人間性を見抜く事ができます。
見える人でもかなり訓練と経験を培っていますので、明日からオーラ鑑定士になれる!という訳ではありません。
才能は伸ばさないと開花しないものです。

物にもやができるのはよくわかりません。

これは幼少のうちに習得する事が多く、3歳を過ぎてからは訓練で身に着ける事が難しいとされています。
特に病気という訳ではありません。

ちなみに私は画像からでも匂いがわかります。
知り合いのピアニストで音に色が見えるという方もいます。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2017/10/413:54:29

色覚異常ではないでしょうか。

特定の色に対する識別能が低下している状態

物を見る”という機能は、視力、視野、色覚の三つに支えられています。視力は細かい物を見分ける力、視野は同時に見渡せる範囲、色覚は色を識別する感覚のことです。

「色覚異常」は決して珍しいことではなく、実は案外多いということを知らない人も多いのではないでしょうか。
正常の人と比べて色の感じ方が違うことをいいます。

色覚異常は「全く色がわからない」と思われがちですが、色の区別が困難であるだけで、色が分からないわけでも、白黒の世界をみているわけでもありません。
異常の程度に応じた色の世界を持ち、多くの場合、自分の色の誤認しやすい特徴を理解し自覚することで、日常生活を不自由なく送ることができます。

blueguppy333さん

編集あり2017/10/412:34:23

視神経の障害かもしれません。

また、オーラは目では見えません。

見えるとすると、思念派だと思います。

オーラは、一生を通じて、大きな変化はありませんし、黒や白などの色もありません。
精神的に成熟すると、紫や金色が増えてくるぐらいです。

思念派の場合、白はいわゆる後光であり、黒は怒りや病気や死期等を表します。
思念派は、体調や感情により変化します。
オレンジは性的な興奮を表しているかもしれません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。