ここから本文です

中学校の授業のカリキュラムついて、詳しい方教えてください。 子供の通う公...

アバター

ID非公開さん

2017/10/515:40:29

中学校の授業のカリキュラムついて、詳しい方教えてください。

子供の通う公立中学で、同時並行して授業をする科目数が多すぎるように思います。

国語は教科書と文法・漢字、数学は数量と図形、理科は1分野と2分野、社会は地理と歴史に分かれ、それぞれ違う先生が週に1~3時間ずつ授業をしています。技術家庭も毎週技術1時間、家庭科1時間ずつです。

こういったカリキュラムは、学習効果が高いのでしょうか?
また、カリキュラムは、学校単位で決められるのでしょうか。教育委員会から指針が示されるのでしょうか?

多くの分野を並行して学習するのは、難しいことのように感じますし、浅くしか学べないのではと心配です。
試験前は覚えることが多くて追いつかず、捨てる分野がでてきてしまっています。

補足高校以降では、分野分けがあるのが通常だとは思いますが、中学ではまだ厳しいのではないかと思っています。

閲覧数:
77
回答数:
6
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rikkun3535さん

2017/10/616:31:22

先のみなさん、ご質問の意味が解ってないようですよ。

>こういったカリキュラムは、学習効果が高いのでしょうか?

学術的に検証されているかどうかは知りませんが、合理的とも思いにくいですよね。

たとえば大学は、従来は一般に前期・後期に分けて、それぞれ90分の講義を15週して1科目(2単位)分となっていました。

それを、クオーター制(4期に分ける)にして、1週間に同じ科目の講義が2回あるようなカリキュラムにするところも出てきています。まだ少ないと思いますけど。

そうすると、時間断面で見ると、同時に履修する科目数は減るわけです。

試験のときなど、同時に考えなければならない科目数が減るということですね。

わざわざそんな風に変えるってことは、そっちの方が学習上はメリットがあると考えているということ?
これ、教員確保するには厄介なんですよ。非常勤で来てもらう人とか、他の大学は違うスケジュールで動いてますから。


じゃあ、お子さんの中学校がなんで習う科目数が増えるようなことをするかと言うと、教員の運用上の都合である可能性はあります。
たとえば社会科であれば、免許上は同じ「中学社会」でも、教員ごとに得意・不得意の分野があります。歴史はできるけど、地理はさっぱり、というようなことは多い。
教員の学力、昔に比べたら低くなってると思いますし。

普通の学校は、そんな得意・不得意関係なく、授業やらせちゃうわけです・・・・で、結果、ひどいことになってることも多い。
ワークブックに頼りっぱなしとか。

そういう意味では・・・・もしかしたらそれぞれ得意分野を担当させてやり繰りしているのかもしれません。だとしたら、すごく誠実ですよね。

また、それを教育委員会レベルで決めているのか、学校レベルの取り決めかは、外からは判らないです。学校レベルで決める裁量権はあると思います。


>試験前は覚えることが多くて追いつかず、捨てる分野がでてきてしまっています。

どうあれ、3年間で習う総量は変わらないはずなので、各試験でカバーしなければならない量も同じはずです。
要領を変えるか、意識の転換で問題は解消するのではないかと思いますが。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/10/1010:06:05

    遅くなりましたが、回答ありがとうございます。
    唯一(笑)、学習効果が高いかどうかに触れていただき、有難いです。
    書いてくださった大学のクオーター制の例を見ると、やはり合理的ではないように思えますが、「得意分野を担当しているのかも」と前向きにとらえてみます。

    >3年間で習う総量は変わらないはずなので、各試験でカバーしなければならない量も同じはずです。
    要領を変えるか、意識の転換で問題は解消するのではないかと思いますが。

    このご指摘に、はっと目が覚めた思いです。
    ゴールは同じというわけですね。
    わざわざ、走りにくい道を走らされている気もしますが、このシステムの中で本人に合った学習方法を探してみようと思います。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2017/10/12 07:48:54

詳しく補足もしてくださり、ありがとうございました。
リスク分散と割り切ります。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mu7968isuzuさん

2017/10/617:34:42

理由は簡単です。教師の数が足りないからです。クラス数に応じて、学校に割り当てられる教師の数が決まります。週あたりの単位数は指導要領で決まっているから、どの教科の教師を何人にするかは、校長の判断です。

そうすると、ひとりあたりの授業の持ち時間は多い人、少ない人がでてきます。さらに学年によって、教科の単位数が違うので、一人の教師がどのクラスを受け持つか決めるのが難しくなるのです。

下手すると、1年から3年までまたがって受け持つ可能性がでてきます。しかし、特に五教科はそれがとても難しい。授業の準備、テストの準備や処理が間に合いません。

そこで、教科を分割し、授業しやすくしているのです。

分割した場合は、進度が遅くなりますから、試験範囲が狭くなります。深度は逆に深まる可能性があります。間隔が空くのが難点かな。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

2017/10/610:44:37

教育課程は義務教育として法的に決められています。

日本国民として最低限の知識です。

2017/10/523:35:38

文部科学省がカリキュラムを決めています
一年
国語4 数学4 社会3 理科3
英語4 体育3 美術1.5 音楽1.5 技術家庭科2 道徳1 2年
国語4 数学3 社会3 理科4
英語4 体育3 美術1 音楽1
技術家庭科2 道徳1
3年
国語3 数学4 社会4 理科4
英語4 体育3 美術1 音楽1
技術家庭科1 道徳1

coota105さん

2017/10/522:27:49

あと音楽・体育・英語(これも2つくらいに分かるかな?)が有りますね。
どこもそのぐらい有ると思いますよ。中学生ですから学ぶ事は多いのです。
社会は学年によって地理・歴史・公民じゃなかったですか。社会科は中で「世界の・・・」と「日本の・・・」と細かくなっていると思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

konakawa30さん

2017/10/522:22:34

文部科学省HPの中学校学習指導要綱で確認できます。
1学年で年間何時間学習必要か。
どのような内容を身に付ける必要があるか。
等 書かれています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。