ここから本文です

フレームの設計しだいで上りは楽になる? 山本修二氏著の疑問 暇つぶしに山本...

i_t********さん

2017/10/605:50:11

フレームの設計しだいで上りは楽になる?
山本修二氏著の疑問

暇つぶしに山本修二氏の「スポーツ自転車でまた走ろう!

~一生楽しめる自転車の選びかた・乗りかた」と言う本を読んでいたところ気になる点があったので自転車に詳しい方に質問です。

本書の48Pのテーマが"フレームの設計しだいで上りは楽になる"と言うものなのですが以下の点に疑問があります。
「そんな登坂性能の高い自転車のフレーム設計をチェックすると、チェーンステイの長さが420~425mmに設定されていることが多い(例外もある)。」
この一文の前にまずクロスカントリー系のMTBと峠越えを要するツーリング車は楽に登れる物が多いと記載があります。
またこの後にレース用のロードバイクが405~410でダウンヒル系のMTBが430~440くらいと例が示されています。

疑問に感じている点は所謂レース用ロードバイクより重量があり所謂コンフォード系に分類されるジオメトリの
自転車の方が何故楽に登れるのかと言う根拠が分らない点です。
最初にクロスカントリー車やツーリング車は楽に登れるとあり、用途を考えれば確かに納得できる理由ではあるのですが状況証拠だけ出されて物的証拠が無いような気持ち悪さがあります。

楽に登れるのと速く登れるのは違うのかとも思いましたがイマイチ確証を得られません。
例外もあると記載があるので科学的根拠があるわけではなく印象で語っている可能性も有るのではないかと思いますが何らかの理由があるのであればご教授いただければ幸いです。

閲覧数:
139
回答数:
5
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

har********さん

2017/10/621:00:50

その本を読んだ事がないので推測にすぎませんが。私の数十年に渡るスポーツ自転車歴と所持、試乗など入れると数え切れないくらいの自転車に乗ってきた者の経験からお答えします。

感覚的な事ですよ。

数値化されてきたのは、ごく最近の話で、昔は全部感覚を頼りにしてましたから。
で。感覚的になぜ登りがラクに感じるのか?を考えた末にチェーンステーの長さが420~425mmくらいのが多かったというだけです。
実際に乗らないとわからないものの、傾向のある数値を見る事でフレーム購入時の目安に役立つのです。
これも著者が考えて出した著者なりの目安をにすぎません。
もしくは、読者に理解してもらい易いように出した数値で、次のもう一段深い説明への枕なのでは。と思います。

  • 質問者

    i_t********さん

    2017/10/1119:46:51

    ご回答いただきありがとうございます。
    やはり感覚的話なんですね(笑)。
    確かにこの後、自転車選びについて他にも色々な
    話が出てくるのですがそちらは特に不明な点も無いので割愛します。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/10/11 19:57:23

少し悩みましたが一番推測に対して的を射たご回答だったので選ばせて頂きます。
ご回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sun********さん

2017/10/617:46:52

チェーンステーが長いとスプリント等の時力が逃げやすく
不利になるのでロードバイクの場合ギリギリまで詰める設計にしてますね
クロスバイク等が最終的に不利なのは
柔らかい素材でステーを長く取るのことによります。

ゴキソの受け売りではないですが
最近ヒルクライムでハブに掛かる重量からベアリングに
ブレーキ効果が出ている気がしているので
フロントから体重を抜くようにしています。

図でいうとBですが通常平地で掛かっている重量より
反発力も加算されるのでフロントハブに摩擦が掛かっていますね
ハンドルから体重を抜いてやるとやはりフロントホイールの回転が軽くなります
図Cですがハブから摩擦がとれます

リアの場合フロントより軸を遠く3cm幅を広げて受けてますので
影響は軽減されているはずですが重量的には大きいので
図Bの要にリアハブに体重の殆どが掛かっていることになります
図Eがステーを長くとった自転車ですね
踏んだ分だけのロス軽減に役立っているのでは、と最近思ってます。

根拠があるわけではないですが
スプリントも自転車を振りまくるより
車体をまっすぐして足でもがく方が速いと言われてますので
ハブ軸の使い方というのが関係しているのではと考えています。

チェーンステーが長いとスプリント等の時力が逃げやすく...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

uji********さん

編集あり2017/10/607:16:25

↓おおっ!…渋いフロントサイドバッグ♪
そりゃ…他の方が…おっしゃるように…前後の荷重分布の問題は大きいのね~♪

分かりやすいのは…エンジンの付いてる…ヒルクライムレーサーの…ロングスウィングアームね~♪

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

qwe********さん

2017/10/606:28:51

↓同じく、前輪後輪加重の変化によるもの。前輪加重のほうが楽は楽です。よって、後輪加重である自転車を少しでも和らげようとした自転車がツーリング車でして、荷物なんかも前輪上やサイドに載せるのはこの為ですね。

後輪加重は下り坂に良くて、マウンテンの場合、この設計はフィッシャー。逆はクライン。日本車はクライン系統が多かったです。なぜなら、急な登り坂を何とかしたい要求が強くて。

↓同じく、前輪後輪加重の変化によるもの。前輪加重のほうが楽は楽です。よって、後輪加重である自転車を少しでも和らげよ...

プロフィール画像

カテゴリマスター

sno********さん

2017/10/605:56:37

"登坂性能”とか言っちゃうあたりで・・・

フレームの特性はあっても性能はないですよ、ぶっちゃけ。

チェーンステイの長さは自転車の特性に影響するのはあります。
ホイールベースが同じと仮定するならば、チェーンステイが短い=BBのセットバックが大きい、すなわち後ろ重心ってことです。
登坂に特化と考えれば、むしろ重心は前の方が楽じゃないですかね?

なお、ホイルベース自体がレース仕様は短いので、結果的にチェーンステイは短くなるでしょう。

なお、個々のパーツの形状ではなくて、フレームはトータルバランスだと思いますよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる