ここから本文です

宝塚の再演作品の長所と短所はなんだとおもいますか?

アバター

ID非公開さん

2017/10/617:27:21

宝塚の再演作品の長所と短所はなんだとおもいますか?

長所としては初演のスターさんのポジションから
再演メンバーの現在の位置が伝わるような気がします。
鳳真由さんがお茶会で「ルドルフやりたかった」と告白したのも
カレーに抜かれて傷ついたんでしょうね。

閲覧数:
180
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/10/622:33:08

長所

初演時は主役2名(男役、女役トップ2名)が演じるロマンスストーリーしか、ほとんど観てないし、観れてもいなかったりするのが、再演時は(主役以外の)脇役の方達まで視野が広がるところでしょうか。

先日の雪組全国ツアー『琥珀色の雨にぬれて』では、ただのお嬢様育ちな世間知らず設定だと思い込んでいたフランソワーズ(クロードの婚約者)が、一晩中車を運転してはパリからニースまでの長距離を駆けつけてくる非常に行動力のある女性だった、というのに気付きました。彼女のイメージ的には「(若き日の)フランソワーズ・サガン」で最初からよかったのではないか!?とすら思い直したような次第です。

私は好きな作品でしたが、初演時(1984)にもレトロな雰囲気に思ったぐらいの作品だったので、10代、20代のファンの方が今見てどうなんだろう?と考えていたところが、これが大変好評だったらしく、そういう感想を聞くのは嬉しいですね。

短所

再演を繰り返すと、ストーリーや配役全体が単なる「記号」と化してしまうところ。

(初演の)生命力はどこへ行った!?というほどであれば、構成を見直す時が来たんだ、と思います。

(番手とかポジションニングにはそれほど興味はありませんので、再演というのはそういう使い方や観方がされるのでしたら、(好評であった)初演や現役ジェンヌさんたちの再演公演への取り組み対して、逆に失礼な話だとちょっと思ってしまいますね。)

アバター

質問した人からのコメント

2017/10/6 23:26:29

回答ありがとうございます!
たしかにセリフも動きも初演などをなぞっているだけのような
味気なさが最近のエリザベートに感じます

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

asuma_pinkさん

2017/10/621:48:49

再演の長所
ストーリーが、把握出来ているので、余裕があり、その分、細部やメインではないキャストにも目が行き、新たな発見もある事。
再演の短所
初演のキャストの印象が強く感じてしまう場合あり。
結末が、解っているのが難。

2017/10/619:28:44

長所:
先の方のお答えと同じですが、内容がわかっているので安心して見に行けます。
とくに、友人を誘う場合など、再演ものだと迷わずにすみます。

短所:
長所の裏返しになりますが、結末がわかっているのでハラハラドキドキがない。
その分、端役さんの小芝居や大道具の転換などは、初演より楽しめますが。

わたしの場合、ジェンヌさんの番手や立ち位置はそんなに気になりませんし、初演と比べたりもしません。

2017/10/618:43:53

再演の長所は、「えーっ!なにこれ?」ということが起こりにくく、安心して観に行けるということですかね。劇団としても、集客の予想がたてやすい。
短所は?
必ずしも短所ではないけど、比較されてしまうことかな?比較自体が悪いことではないけど、ファン同士の不毛な悪口合戦になることもあるので、見苦しい。
あとは、意外とないですが、再演希望が多いと言うことは、新作への期待感が薄いということかな?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。