ここから本文です

高野山壇上伽藍の御影堂に弘法大師の御影は現存しているのですか?

笠にトンボさん

2017/10/714:27:36

高野山壇上伽藍の御影堂に弘法大師の御影は現存しているのですか?

先日のブラタモリで高野山が紹介されていましたが、御影堂の説明のシーンで、「お堂の中に弘法大師の御影が祀られています。」というのがありました。国宝や重要文化財(美術品)のデーターベースを閲覧しても高野山や金剛峯寺にはそのような記載がありません。

高野山内の建造物は過去に何度も火災で焼失しており、弘法大師の御影も同様に消失していると思っていたのですが本物が現存しているのでしょうか?それともレプリカ品が保管されているという事でしょうか?

補足以前、四国霊場の巡拝を無事に終え、お礼のために高野山を訪ねた際、四国巡拝の時のように本堂(金堂)や大師堂(御影堂)を参拝しようと思ったのですが、御影堂の前に立ったときに、根本大塔に比べてすごく地味だな~と、妙な違和感を持ったことがありました。その時の事を思い出して今回の質問を投稿しました。

閲覧数:
190
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hur********さん

2017/10/809:55:58

高野山出身のお坊さんから聞いた話ですが、今でも御影堂の中には弘法大師の御影がお祀りされているそうです。

高野山の御影堂は元々は弘法大師がプライベートで仏様を拝む持仏堂・念持堂であったそうで、その持仏堂が幾度もの改修を経て今の形になったのだそうです。
現在の御影堂は、外陣・内陣・内々陣の三重構造になっており、その一番奥の内々陣にある耐火性金庫のような金属製のお厨子の中に、弘法大師の直弟子・真如法親王真筆と伝えられる御影が納められているそうです。

この御影は、数年に一度不定期で行われる学修灌頂という真言宗で修行を積んだ高僧のみが受けられる厳重な儀式の時にだけご開帳されるそうですが、これを拝観出来るのは儀式に参加した高僧のみで、一般には極秘仏なのだそうです。

高野山は火災が多かったようですが、仏像や什宝は持ち出したり、布団などの布に包んで池などに投げ込んで焼失を免れたりして結構残っているそうです。

  • 質問者

    笠にトンボさん

    2017/10/811:17:29

    回答ありがとうございます。

    大師の御影は本物が現存するということですね。
    次に高野山を訪ねることが出来るのはいつになるかわかりませんが、次回は安心して御影堂を参拝したいと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yos********さん

2017/10/722:27:24

「弘法大師」は現在も生きているということになっているはずです。食事を提供していると聞いています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

nin********さん

2017/10/721:52:26

私もブラタモリは三週続けて見ましたよ、いやあ、素晴らしかったですね。お問い合わせの件はさっぱりわかりません。申し訳ありません。只々、僧の姿にホントのお坊さんらしさを感じました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる