ここから本文です

国際線の時刻は日本での出発時間と海外での到着時間は時差があるのに所要時間が分...

kin********さん

2017/10/1011:04:35

国際線の時刻は日本での出発時間と海外での到着時間は時差があるのに所要時間が分かるのは何でしょうか?

閲覧数:
284
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nai********さん

2017/10/1012:26:54

便を検索すれば出発や到着時刻は現地時間で表記されています
その下または横に所要時間が併記されています。

17:10―14:55
ANAグループ運航の旅程直行便 11時間45分

これは成田からシカゴへの便の場合です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mas********さん

2017/10/1017:36:50

お前さん、時刻と時間の違いも判らないと、社会生活に支障をきたすぞ、中学校からやり直せwww

tab********さん

2017/10/1014:01:14

出発する国と到着する国との時差が分かれば、出発時刻から到着時刻に足し算あるいは引き算計算すれば所要時間が出るのは当たり前です。
時差が分からないのなら所要時間は計算できません。

例えば今は英国はサマータイム(夏時間)なので日本との時差は8時間、日本が英国より8時間早いということを頭に置いて。(10月最終日曜日午前2時から3月最終日曜日の午前1時まで冬時間となり時差は9時間になります)
10月10日午前11:20羽田発の便が10月10日午後15:50ロンドン到着だとしたら、ロンドンの午後15:50に8時間足した時間午後11:50が日本での時刻ですから、
日本出発の午前11:20から午後11:50までは12時間30分、これが所要時間です。
夏時間でも冬時間でもイギリスの現地時刻が変わるだけで所要時間は同じです。

もっとも飛行機のタイムスケジュールなどの出発時刻/到着時刻は現地時刻で表示され、時差計算をしたうえの飛行時間が表記されるので計算することもありませんが。

toc********さん

2017/10/1014:00:33

飛行機の中には時計があります。それで所要時間が計れます

hsh********さん

2017/10/1011:42:33

たとえば、東京 - ロンドン便の場合、東京とロンドンの時差は9時間です。


例ですが、

東京成田発 10日 10:00

ロンドン着 10日 13:00

という便があったとすると、
成田が10日 10:00の段階では、ロンドンは10日 1:00です。
そのため、1:00→13:00ですから、12時間かかることが分かります。

プロフィール画像

カテゴリマスター

gra********さん

2017/10/1011:39:52

時差が何時間か分かれば、誰でも計算できるでしょう?

時差を知らない場合、例えば「成田16:25発、アトランタ15:55着」だけを聞いて所要時間を即答できる方はまずいないでしょう。

この為、タイムスケジュールなどには通常「飛行時間」も併記してあります。

http://flyteam.jp/airline_route/nrt_atl/flight_schedule

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる