ここから本文です

心理学専攻の学生です。

iit********さん

2017/10/1121:17:34

心理学専攻の学生です。

因子と尺度(下位尺度)の関係がいまいちわかりません。
尺度があってその下に因子があるんですか?

今まで、尺度は「繊細な」「孤独な」とか細かいもので因子はそれらを『内向的因子』でまとめてると思っていたのですが間違ってますか?

ある論文を読んでいて「各下位尺度から因子負荷量の高い上位5項目を使用した」という文が理解できなくて、そもそも因子と尺度の意味を理解していないのかもしれないと思い質問させていただきます。

もし因子と尺度の解釈が間違っていなければ、私が論文で引っ掛かっている箇所は何を言いたいのか推測できる方いらっしゃいましたらそれも教えてほしいです。

閲覧数:
764
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gen********さん

2017/10/1215:25:14

ある”A”という概念を測定するために作成されたのが尺度。”A”を構成すると考えられる要素が因子で、各因子に関連があると考えられる質問を集めたものが下位尺度です。そして下位尺度の集まりで構成されたものが、”A”測定尺度になります。

ですので
>今まで、尺度は「繊細な」「孤独な」とか細かいもので因子はそれらを『内向的因子』でまとめてると思っていたのですが間違ってますか?
考え方が逆です。因子が先にあり、質問項目が後から来ます。内向性を測定する質問項目だと統計的に証明されたものを、”内向的因子”と名づけられたグループに振り分けているのです。

>ある論文を読んでいて「各下位尺度から因子負荷量の高い上位5項目を使用した」という文が理解できなくて、
『因子負荷量の高い上位5項目=より特定の因子を測定するのに適した5個の質問』を精選したってことです。

質問主さまが何年生か不明ですが、1、2年生なら落ち込まずとも大丈夫です。論文も、トレーニングを重ねて読めるようになるものですから。3年生なら、少しだけ焦ってください。ゼミが苦痛になる前に、対策を取った方が良いと思います。4年生なら、ものすごーく焦ってください、卒論がやばいです。

とりあえず、『心理学・社会科学研究のための調査論文の読み方(東京図書,2008)』に目を通すといいですよ。本当にわかりやすく書かれていて、加えて卒論執筆のヒントにもなりますから。

  • 質問者

    iit********さん

    2017/10/1216:39:04

    回答ありがとうございます。
    理解できました。
    先日ゼミ論で叱られたばかりなので多いに焦って頑張ります。
    紹介してくださった本も読んでみます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる