ここから本文です

医者の世界では同じ医者でも偉い順があって 命に直結する科が偉くて 美容外科医...

vhk********さん

2017/10/1411:19:21

医者の世界では同じ医者でも偉い順があって
命に直結する科が偉くて
美容外科医とかは偉くないらしいですが

物理学の世界でもありますか?

物理って言っても色々ありますけど
物性、磁性、宇宙論、実験、理論
偉い順はありますか?

閲覧数:
159
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

she********さん

2017/10/2018:24:27

高校3年の時に気象予報士の資格をとりました。
今は医者と弁護士の資格を取り、ダブルヘッダーでやってます。
僕の理論を展開すると、
その昔、日本では台風やそれに近い暴風・強風ことを「野分(のわき・のわけ)」と呼び、「源氏物語」第28帖の巻名にも使われていました。「野を分けるほどの風」と考えると分かりやすいですね。一方、中国では台風のような風のことは「颶風(ぐふう)」と呼ばれており、それが日本に伝わり、江戸時代の文献中にも、この「颶風」という言葉が散見されるようです。以降、気象用語としては、この「颶風」が使われていたようですが、明治時代に入ると欧米文化の影響もあり、英語の“typhoon”(タイフーン)もそのまま使われるようになったそう。明治末期、当時中央気象台長を務めていた岡田武松氏が、“typhoon”を“たいふう”と意訳、気象用語として新たに「颱風(たいふう)」という言葉を定着させたと言われています。そして、当用漢字が定められた1946年以降、「颱」の代わりに「台」の字が用いられるようになり、今の「台風」となりました。なお、「颶風(ぐふう)」と「颱風(たいふう)」は一見似ていますが、異なる漢字ですのでご注意ください。書くことないと思いますけどね。北西太平洋の「東経100度線から180度経線までの北半球」に中心が存在するものをいう[3]。海域としては北太平洋西部(北西太平洋)およびその付属海である南シナ海、東シナ海、フィリピン海、日本海などにあたり、陸域としては東アジア、東南アジア、ミクロネシアのそれぞれ一部が含まれる。同じ最大風速が17.2m/s以上の熱帯低気圧のうち、北インド洋と南太平洋にあるものは「サイクロン」[3][注 1]と呼ばれ、北大西洋と北東太平洋の熱帯低気圧のうち最大風速が32.7m/s以上のものは「ハリケーン」[注 2]と呼ばれるが、これらの熱帯低気圧が地理的な境界線を越えた場合は呼び方が変わる。例えば、2006年に北東太平洋で発生したハリケーン・イオケは、西進して経度180度を越えたため台風12号になった。このように、区域を跨って台風に変わったものを越境台風と呼ぶ。逆に1972年の台風29号は、マレー半島を通過してベンガル湾に抜けたことによりサイクロンに変わった熱帯低気圧#分類・命名」も参照なお世界気象機関の国際分類では地理的な領域に関係なく、熱帯低気圧を最大風速によりトロピカル・デプレッション、トロピカル・ストーム、シビア・トロピカル・ストーム、タイフーンの4段階に分類している。この場合における「タイフーン」と本項で述べている「台風」は英語では共に"typhoon"と呼ぶが、概念としては気圧域内の「中心付近の最大風速(10分間の平均)17.2m/s以上」のものをいう[3]。台風の位置や中心気圧、最大風速、大きさの数値は過去の観測データの蓄積により確立されたドボラック法に基づいて衛星画像から推定し、地上や船舶で風速が観測できた場合にその都度修正していく方法を採っている[2]ため、「中心付近の最大風速」は必ずしも実測値ではない。例えば洋上にある台風中心の風速を実測するには航空機が必要となり、実際に1987年(昭和62年)までは米軍が航空機観測を実施していた時期もある[4]が、観測員や設備・運用等の負担が大きく、現在日本では航空機による観測は恒常的な手段としては行われていない(学術研究目的での観測例はある)。ちなみに世界気象機関 (WMO) の世界気象監視計画 (WWW) により、北西太平洋海域の台風監視活動を行う中枢として、日本の気象庁が「熱帯低気圧プログラムに参画する地域特別気象中枢」(RSMC for TCP) に指定され、気象庁の判断が国際的には公式のものとされるが、この海域では中国、台湾、フィリピン、ベトナム、アメリカなどの気象機関がそれぞれ台風の監視を行い独自に推定を行っているため、機関によって風速等に多少の誤差が出ることも普段からできる防災対策には、どのようなものがあるでしょうか台風は事前に備えができる災害ですが、台風が接近してからでは間に合わない対策もあります。今から出来る準備はしっかり整え、危険から身を守りましょう。家の外の備えは十分に水害に備え、側溝や排水溝の掃除をし、水はけをよくしておきましょう。また、屋根、塀、壁などの点検、補強も台風が来る前に普段から行っておきましょう非常用品を備蓄するライフラインが途絶えたときの事を想定して、公衆電話に使える10円玉も家族で話し合家族で緊急連絡手段とその方法を話し合いましょうまた落ち合う場所などを決めておくといいでしょう普段から(画像)ハザードマップを入手する家の近くに洪水のおそれのある河川があったり、低地、急傾斜地で水害や土砂災害のおそれがある場合は事前にハザードマップなどを入手しておきましょう。ハザードマップは各市役所や区役所、役場などで入手することができます。近隣の建物や道路を知土砂災害や鉄砲水になるかどうかを見分けるためには、平常時と異常時で、濁流の流れる方向や速さの違いを普段から確認しておくと良いでしょう。道路が冠水したり浸水が始まったりしている場所では、用水路やマンホールのふたが外れていても、濁った水で見えなくなっているため、足を取られる危険性があります。
近所の方とコミュニケーションを取る
ご近所付き合いは、救助や避難所暮らしの際に大きな力となります。特に隣近所にお年寄りがいる場合は、いざというときに支援できるようにコミュニケーションを取りあって、助け合いましょう。
接近する前に台風は、事前に来ることが予想できる災害ですが、台風が接近してからの対策で被害に遭われる方も多くいます。台風が近づいているというニュースを見たり聞いたりしたら、このページで対策を確認してください最新の台風情報の確認をするtenki.jpでは台風の進路予想が定期的に更新されますので、最新の台風情報が入手できます。また、大雨や暴風などの警報・注意報や、天気予報、雨雲の動きなども掲載されます。こまめに気象情報を確認してください。
家の周りの再点検をする庭木に支柱をたてたり、塀を補強しましょう。家の周りにあるもので強風などによって飛ばされる可能性のあるものは、室内にしまうか、しまうことが出来ない場合は飛ばされないようにしっかり固定しましょう。
窓や雨戸を補強する2005年、アメリカ南部を襲ったハリケーンカトリーナは、フロリダ半島からルイジアナ州のニューオリンズなどに大きな被害を与えました。このあたりはだいたい北緯25~30度付近の位置にあたります。日本だと、宮古島、石垣島から屋久島辺りの緯度と同じです。つまり南海上にあって(メキシコ湾の)暖かい海上からのエネルギーを充分に供給されて大きくなって、勢力の強い時期に上陸したともいえます(日本の台風でも、宮古島で最大瞬間風速85.3m/sが記録されています。1966年9月5日、第二宮古島台風によるものです)。 また、ハリケーンの最大風速は1分間の平均風速で計測しているのに対し、日本の台風は10分間の平均から計測しています。したがってアメリカのハリケーンの方が、強い風速になる傾向がありますさて、ハリケーンも台風も、またサイクロンも同じ熱帯低気圧が強くなったもので、同じ仲間です。ただ、発生場所によって、大西洋と東経180度以東の太平洋のものがハリケーン、東経180度以西の北太平洋と南シナ海で発生したものを台風、インド洋や南半球のオーストラリア近海で発生したものをサイクロンと呼んでいます。なお台風は中心付近の最大風速が17.2m/s以上(風力8)から台風と認定されるのに対し、ハリケーンは33m/s以上からの認定と下限の強さが強くなっています。また台風といえば、非常に強い風が吹き、たくさんの雨を降らすことを連想しますね。 今回は台風の簡単な紹介をします。 台風というのは、熱帯地方で発生する低気圧(熱帯低気圧)のうちで中心付近の最大風速が17.2m/s以上のものを指します台風の詳しい発生・発達の仕組みについては、後のコラムで説明し夏から秋にかけて、テレビのニュースでよく取り上げられる気象現象に「台風」などがあります。台風は毎年のように日本に上陸または接近して、多くの被害をもたらします。ニュースの天気予報で右のような衛星画像やレーダーエコー画像をよく見かけると思います。右の図から、台風は反時計回りに渦を巻いているのがわかりますね。 頭の中で台風の形を連想する場合、たぶん右の図のような形を連想すると思います。また台風といえば、非常に強い風が吹き、たくさんの雨を降らすことを連想しますね。今回は台風の簡単な紹介をします。台風というのは、熱帯地方で発生する低気圧(熱帯低気圧)のうちで中心付近の最大風速が17.2m/s以上のものを指します。台風は暖かい海域から熱と水蒸気をもらうことで発生します。台風が発生するためには海面水温が26℃程度以上なければいけません。(台風の詳しい発生・発達の仕組みについては、後のコラムで説明します。)台風の仲間は世界中で1年間に約60個発生していますが、発生する地域によって、呼び名が違います。北大西洋で生まれたものは「ハリケーン」と呼び、北インド洋で生まれたものは「サイクロン」と呼びます。また台風一つ一つに名前が付けられています。例えば本当に、本当に、毎日ネイティブとレッスンできるのじゃあ、やっぱりいろいろ比較すると高いの?察しの通り、DMM英会話の従来プランと比較すると高いです。そりゃそうですよね。でもしかし! 通学型の英会話スクールと比較すると、通学する時間は省けるし、とっても経済的。しかも24時間受講可能だから、海外出張先でも使えるし、早朝レッスンしたい人や帰宅が遅い忙しい人でも大丈夫。今日はアメリカ、明日はイギリス、何てこともできるのが魅力的
です続き気になりますか?

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

way********さん

2017/10/2018:31:36

こんばんは・・・・
天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず・彼も人なり、我も人なり ・と言いますから、そういう順序存在して居ません。
何事も通じたらその道で偉くなりますので。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる