ここから本文です

風水についてです。 うちは鬼門の北東は押し入れや階段などでまだ大丈夫なので...

nya********さん

2017/10/1614:58:25

風水についてです。

うちは鬼門の北東は押し入れや階段などでまだ大丈夫なのですが、裏鬼門の南西にキッチンがあります。

私が今年厄年、ということもあるかとは思いますが、この家に引っ

越してからの2年ほどは本当に悪いことばかり立て続けに起きています。

いずれは引っ越しも考えていますが、今すぐは無理なので少しでも影響を受けないようにする方法はありますか?

自分でも少し調べてみたら、とにかく清潔に掃除をしましょうというようなことしか分かりませんでした。

詳しい方、お願いします。

閲覧数:
612
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sin********さん

2017/10/1621:29:59

〇家相の影響は4年目からです。その家に転居して2年なら凶方転居の影響が出た可能性があります。
○家の間取りを考える場合水回りは東の別棟にすると良いです。別棟にしない限り凶相を逃れる事はできません。本命卦で凶方の方角に水回りを置くという「風水」の方法を使っても長年置けば凶作用が出て解決できません。以下水回りに関係する家相です。
水は具体的には風呂、水槽、水鉢、噴水、トイレ、浄化槽、キッチンです。キッチンは洗い物をしてすぐ水を抜けば他に比べ凶相は少ないです。水回りは東か東南が無難ですが別棟がない場合全てをそこに置くことは無理なのでキッチンは北に置いてもさほど凶相ではありません。離れていれば池や川が東や東南にあることは理想とされます。池は大きさにもよりますがどの方角でも離れていれば影響は少なくなります。家から数mの距離なら影響は強く出ます。特に水に流れのない池は凶相で凶作用は強くなります。どうしても置くなら常に水を流れる状態にして綺麗な状態にしないといけません。気学と風水諸派では水と油ほど考え方が違います。特に水への考え方は正反対なのです。
水槽は初めは吉相で後に凶相となります。商売等でさっぱり客がない場合は使う事もありますが後には怖い事になるので私としては勧めません。ただ私の知人の様子を見ると10年くらいは客を呼ぶ効果があるのではないかと考えています(効果自体は無くならないが凶作用の方が強くなります)。
殆どのプロの風水師は水槽を勧めるようです。風水諸派は水を吉としています。私の先生(故人)も風水師の人の自宅へ行き風水の話を聞いた事がありますが水槽を勧められたと言っていました。ただその風水師は家の中央に水槽を置いており、その後若くして亡くなったと先生は言っていました。つまり風水では水槽を勧めますが置くことは間違いなのです。噴水も同じです。また、私は北西の出入り口でそこに水槽を置いた家を若い頃見ましたが、その家の主人は胸を病んで長い闘病生活の後死亡しました。これも水は凶であるという気学の説の通りであり風水の説で言えば吉で成功するはずですが、実際は家の主人が働けず貧乏になった上に病気で苦しんで早死にしています。
知人に水槽の好きな人が居ます。家に行った事がないのでどこに置いているか不明ですが、知人はだんだん目が悪くなっています。目に水が溜まって手術をしました。ひとまず成功したようですが、水槽を置くかぎり今後も根本的な解決はできず将来は又悪化してきます。特に水のある物が南側にあると目を非常に悪くします。もし水槽が大きければ目、脳、心臓が悪くなり最悪精神を病む事になります。また、警察、官庁との関係が良くなく裁判になりやすいです。南の水が汚い場合は近隣住民や保健所や市役所等とのもめ事も起きやすいです。
南西の池、水回り
主婦短命で病気をする。不動産の関係する裁判は負ける等のことが起きる。また、金銭に汚くなる。主婦や老婆に特にその傾向が出る。また、労働意欲をなくす。不倫が起きやすく不動産のもめごとが起こる。
今日の多くの風水の説は間違いや子どもじみた内容が多く「ままごと遊び」の様な感じです。私は風水師の指導で家を建てるなと何度も警告しています。
家相では母屋は本人と本人の体を表し、別棟は他人との関係を表します。信じがたいかもしれませんが、家と人は長く住むほど運命も健康面も「一体化」してきます。母屋の一部でもカビが生えるのは自分の体の一部にカビが生えているのと同じなのです。長年住むと殆どの家の風呂はカビが生えますが、それは自分の体の腐敗を意味するのです。だから水回りの物は母屋に置いてはいけません。家相によって起きた病気は解決不可能です。風水グッズや風水アイテムは誤魔化しであり、風呂やトイレやキッチンの凶相をグッズ等で「化殺」する事は不可能です。風水で言われる化殺とは「化かし」であり「騙し」と言っていいです。玄関マット、シーツ、カーテン、鏡等で「解決解消」と言う風水の本は騙しです。家相の凶作用は物で解決はできないのです。家相の凶相作用は、それに気づいた時は手遅れなのです。この知恵袋を読んでいる多くの人は家相を信じません。しかし、それが本当であると気付いた時はそれが原因で死ぬときなのです。つまり気付いた時には死期は迫っています。私の知恵ノートにはいくつか書いています。興味があるならどうぞ。
〇凶相の家や建物の解決方法は、その家や建物を出て転居するか改修するしかありません。鏡、観葉植物、盛り塩、絵画、写真、置物、風鈴、色、水晶、パワーストーン、水槽、噴水、カーテン、シーツ、玄関マット、インテリアグッズ、財布、香水、アロマ、宝石、印鑑、ブランドバッグ、開運グッズ、照明、色、御札等いかなるものでも解決できません。何故かといえば地相や家相の作用は大きく言えば太陽と地球の関係や磁力や地相等の周辺環境等大きな力によって絶え間なく自然に起きる作用ですが、凶相の家は水を下から上に流そうとするようなもので自然の摂理に反しているからです。家相は細かく見ると保っている家の空気や空間から絶え間なく起きる作用で物ではありません。玄関は壁がない状態になり、しかも土間があるので欠けの作用があります。そのため形のバランスが崩れるのです。また、欠けの家はその空間の形の欠けによって問題が起きるのです。それらは空間のバランスの崩れによって様々な凶作用が起きるのです。置物等の物では解決できないのです(例えば蛙を置けば家族が無事に帰ると信じるのは子どもと一緒です。一般に言われる風水はままごと遊びです)。また照明や色は物ではありませんが凶相の作用には殆ど無力で解決できません。凶相の家とは「雪が一年中屋根に降り積もり続ける家」です。神社参拝や御札等神仏に頼れば一時的には神仏が助けて雪降ろしをしてくれます。しかし長続きはしません。凶相の家とは自然の摂理に反した家であり、自然の摂理に反した家は最初から神仏の加護が得られなかった家だと見るべきで、最後は雪の重みで潰れてしまいます。その凶相の怖さを本気で勉強して最初から吉相の家を建てるか凶相の家を改修し吉相にした人しか助かることはできません。要するに実行するかしないかなのです。

質問した人からのコメント

2017/10/18 17:06:39

詳しくありがとうございました。
やはり引っ越す以外は気休め、ということなのですね。
気学の凶方位を調べてみようと思いましたが、その年の凶方位、月の凶方位、個人の凶方位など、いろいろありよくわかりませんでした。多少勉強しないとわからないのでしょうか。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる