ここから本文です

21歳、女です。抗うつ薬「レクサプロ錠10mg」について。 少し長いですが、読ん...

アバター

ID非公開さん

2017/10/1619:11:34

21歳、女です。抗うつ薬「レクサプロ錠10mg」について。
少し長いですが、読んでいただけたら嬉しいです。

今日、心療内科でうつ病と診断されレクサプロ錠10mgを処方されました。

うつ病の原因が、「死」に対しての強い恐怖で1カ月間朝から晩までずっとグルグルと考えていたらいつの間にか重くなってしまいました・・。
死に対する恐怖は、小学生の頃に一度あってそれから大人になるまでは落ち着いていたのですが、最近また考えるようになってしまいました。
考えると、酷く落ち込んだり悲しくなったりして、もっと酷いと動悸がしてパニック障害の発作が起きます。
そうならないように抗うつ薬を処方してもらったのになかなか飲めずにいます…。

「副作用が強い」とか「副作用はあまりない」などという両方の意見が多くあるのですが実際はどうなのでしょうか?
もちろん、この薬だけではなくどの薬にも副作用があり、個人差はあるとは思うのですが…。


以前、別の心療内科で処方された安定剤を服用してかなり強い眠気と幻覚?が見えて怖い思いをしたので抗うつ薬などの薬には抵抗があります。
その事を医師に伝えたところ、この薬はそんなに酷い副作用はないし、合わなかったら変えられるので、と言っていました。
今日の夕食後から1錠服用するように言われたのですが怖くてなかなか飲めずにいます。
もし、副作用が出た場合はどう対応すればよいのでしょうか?

また、うつ病のせいないのかわからないのですが頭がぼーっとしていて何かを考えることも辛いし、思い出すことも少し困難です。
ネットで調べたら若年性アルツハイマーというのが目にとまり、20代から発症することもあると書いてあったので不安になり、脳神経外科でMRI検査もしたのですが異常なしと言われました。
医師からは、20代で発症することはまずないし50代で発症するのも早いくらいです。その症状はうつ病からきているものだと言われました。

若年性アルツハイマーは、MRIでわかるものなのでしょうか?
検査をしても、早期発見は難しくうつ病からくるものだ、と判断されることが多いようなので、もしかしたら…とまだ不安になっています。

何でもかんでも深く考えすぎてしまう性格で自分でも呆れてしまいます…。


長くなってしまいましたが、
・抗うつ薬のレクサプロ錠10mgの副作用について
・ぼーっとして、考えたり思い出したりするのが億劫なのは若年性アルツハイマーの可能性があるかどうか

について教えて頂きたいです。
よろしくお願い致します。

閲覧数:
5,598
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yoy********さん

2017/10/1620:29:57

比較的安全性の高い抗うつ薬です。従来の薬に多くみられる口の乾きや便秘などの不快な副作用も少なくなっています。飲み始めの胃腸症状に対しては、吐き気止めや胃薬で対処可能ですから 医師と相談してください。その後の副作用はわりと少なく、長期の維持療法にも適します。

多くはありませんが、人によってはかえって神経過敏になり、不安感を生じたりイライラ・そわそわ落ち着かない気分になることがあります。さらに衝動的な行動につながるおそれもあるようです。このような精神的変調も服用開始時に多くみられる症状ですので、あまり心配せず医師とよく相談してください。

ぼーっとするのはうつ病の症状でしょう。
医師によく相談しましょう。

アバター

質問した人からのコメント

2017/10/17 21:33:39

とても丁寧なご回答ありがとうございます!!
怖かったのですが勇気を出してレクサプロ錠を飲んだところ、吐き気が酷くてかなりつらい状態です・・。
今後医師と相談して薬を変えてもらおうと思います。

皆様もご回答くださり、本当にありがとうございました!

「レクサプロ」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

shi********さん

2017/10/1621:50:33

心の病において投薬治療を行なっている中で主治医に処方された薬を自己判断で勝手に用法用量を変えるのは寛解させるために一番やってはいけないことです

確かに向精神薬は良いイメージがありませんね。
おっしゃられているように副作用がある、依存性があるなどなど。

さて、レクサプロですが10mgが通常服薬量としては最低量ですから重症とは言えないのではないでしょうか。
向精神薬には少なからず耐性、依存性はありますが、よくドラマに出てくるような昔の睡眠薬のような依存性のあるものはもう投薬されることはありません。

それと副作用ですが、同種のSSRIの中では発現しにくいと言われていることを前提に、一番に上がられるのが「太りやすくなる」です。
あと主なものとしては、抗コリン作用(口渇、便秘、尿閉など)、ふらつき、めまい、吐き気、眠気、不眠、性機能障害となります。
アルツハイマーになるかどうかは私の持っている資料の中では出てきませんのでわかりません。

何れにしても治療を開始しているのであれば主治医の指示に従ってください。
薬について不安があるのであればキチンと相談して見ましょう。

早く寛解に近づくことを祈っています。

dek********さん

2017/10/1621:26:28

私は18で最近のみ始めましたが、眠気や、ちょっと多汗になったかな…って感じで、少しすれば収まりました。
10代の私でも大丈夫なのですから大丈夫ですよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる