ここから本文です

古文の候ふというのは、読むときは、そうろうか、さぶらう、ですか?古文の読み方...

アバター

ID非公開さん

2017/10/1716:12:59

古文の候ふというのは、読むときは、そうろうか、さぶらう、ですか?古文の読み方が難しいです。わかる方教えてください!

閲覧数:
118
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wat********さん

2017/10/1717:23:36

本来は「さぶらふ」で、「さうらふ」は語形変化して後に用いられたものです。『平家物語』では、男は「さうらふ」、女は「さぶらふ」という使い分けがあったすですが、高校の古文の授業レベルでは平家より古い中古の文学や、擬古文がほとんどですから、ふりがなが振っていない場合は「さぶらふ(サブロー)」で統一して良いと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tom********さん

2017/10/1717:05:28

普通は候は そうろう でいいです

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる