ここから本文です

法律要件分類説とはどのような考え方ですか?

アバター

ID非公開さん

2017/10/1717:56:01

法律要件分類説とはどのような考え方ですか?

閲覧数:
147
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sen********さん

2017/10/1720:29:56

権利根拠事実は権利を「主張する者」が、一方、権利障害事実と権利滅却事実は権利主張を「争う者が証明責任を負う」とする理論である。
損害賠償請求権を発生させる権利根拠規定であるため、「権利の発生を主張する者」、つまり、「債権者が要件事実について証明責任を負う」との意味。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる