髪の巻き方についてです

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(1件)

0

月刊ヘアモ-ド(=美容業界誌)の読者です。順不同になりますが、 《美容室でゆるふわにパーマをかけることはできますか??》 ↓ 美容師の「ウデ次第」です!パ-マ客が多くて、さまざまな髪質(=硬い、猫っ毛、クセ毛など)のお客様が来店している店でないと、失敗するでしょう。ウデがよい美容師に当たれば「見込み」はあります。 《私はとにかく直毛で、コテで巻いてもほとんどくせがつかないんです(泣)、でもやっぱりふわっとさせたいし、どうしたらいいでしょうか、?》 ↓ ↓ 「コテの原理」上、かならず「曲線」にできる筈なのです。コテの原理とは、髪のタンパク質を→コテの熱で変性させて→「直線を曲線に」変えます。コテが思ったように(=目的とおり)働かない理由は、 髪がしっかり乾いていないから コテの熱がちゃんと行き渡っていないから の二つです。ですから、まずは髪をしっかり乾かすことが不可欠です。いわゆる「アイロンスタイリング剤」類の中には、水分が多い製品もあります。その場合髪が湿ってコテが働きません(→ホットカ-ラ-も同じ)。まずは、なにもつけず十分させてから、コテを使うだけでも「格段にクセがつく」はずです。 もう一点は、あなた自身が「どのくらい放置すれば、自分の髪はくせがつくのか」その放置時間をつかんでいないからでしょう。ではどうすれば放置時間を、自分でつかめるかですが、 まずは、(どこでもいいので)自分の髪をコテで巻いてみます。そして巻いたままにしますが、その間、数を数えます。 (a)いち、に (b)いち、に、さん、よん (c)いち、に、さん、よん、ご、ろく (d)いち、に、さん、よん、ご、ろく、なな、はち (e)いち、に、さん、よん、ご、ろく、なな、はち、きゅう、じゅう ・ ・ ・ と言うように、コテに巻つけている時間をいろいろ変えてみて、「どれだけ数えたとき、自分が望んでいる曲線が、出来たか」をみつけるのです。(必ず見つかります!) そして見つかった時間で、「すべての髪」を巻けば、希望のくせがつきます。 たとえば、もし「(c)と(d)の間」でしたら、「いち、に、さん、よん、ご、ろく、なな」と数える間、コテに髪をまきつけていると「望む曲線(=くせ)」がつくと言うことになります。 だめでもともと、一度お試しになってはいかがですか?