ここから本文です

現代科学の範疇で、時間を戻す方法の実現可能性はありますか?

アバター

ID非公開さん

2017/10/2201:07:06

現代科学の範疇で、時間を戻す方法の実現可能性はありますか?

「時を戻す」誰もが願う事と思いますが、理論的に絶対不能、と言うのが一般論であり、当然だと思います。

理系の方、技術がどのように進歩して、どう行った理屈なら、これが可能になりえると思いますか。

絶対無理、なのですか。

若しくは、試みようとした著名人はいますか?(お馬鹿さんなのかもしれませんが。)

補足申し訳ない

現代科学の範疇で、と言う定義を修正し

「将来予見できる化学」の範疇で、と言うところと再定義します

やはり、抽象的な意見が多いもので、
しかしまた、人によって「化学」と「哲学」で回答していただいているから大変有り難いです。

閲覧数:
277
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hon********さん

2017/10/2201:14:28

戻すっても立体ビデオの逆回しみたいに
なったら意味ないと思うので

自分だけそのままで、まわりが逆戻りってことねえ
因果関係を逆にってとこが難しいような

物質電送は無理でも情報は伝わるから

情報だけなら、どうかなー、とは思うが

  • hon********さん

    2017/10/2212:15:18

    私は時間というのは因果関係を決めるとき
    原因と結果のあいだに挟むスペーサーのようなものだと
    思っています。これがないと原因、結果が同時に存在すると
    化学反応など成り立たなくなる。

    その因果律も、素粒子ひとつ、ふたつならいったりきたり
    できますが。  たとえばお盆の上にみかん一つ載ってて
    それが落ちても元に戻せる。

    でも30個だとどこに転がったか、戻すのが大変
    これが水の分子数になるともう戻すの不可能
    これを「覆水盆に還らず」、というように。

    原子数、分子数と粒子数が多くなるほど
    元に戻しにくい、因果の不可逆性が高くなってくる。

    覆水が盆に戻せないのは水の分子が極端に多いからで
    これを氷一個に凍らせれば簡単に戻せる。

    そういうマクロの物質世界では因果の逆転はまず
    不可能、一方通行ということですが
    情報には質量も、粒子数もなく物質ではないでしょう。

    だからま、、時空を超える、ような動きも
    物質よりはあり得るのかな、と思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2017/10/2201:41:34

こういう話は難しいんですよね。
難しくしているのは、理論的な証明とか原理の説明とかじゃなくて
例えば今回の質問で言う「時を戻す」という「時」の定義と言うか
この話を考える人のコンセンサスを取るのが難しいんですよね。

小難しい説明を全て省いて・・・
時間の話では無くて「変化の巻き戻しを見る」事は理論的に可能です。
例えば腐ったリンゴを、腐る→ちょいと腐る→新鮮→木に実っている。と
動画の逆再生みたいに観察する事は・・・理屈では出来ます。
説明だけは非常に簡単で、腐ったリンゴから目を離さないように
光の速度以上の速さでリンゴから後退すれば変化の逆転を見る事が可能です

tam********さん

2017/10/2201:38:59

「現代科学の範疇で」って言ってしまったら、
「絶対無理」から1ミリも動かないよ。

時間や空間の正体に深く迫ることが出来れば、
その理論の中に可能性が出てくるかもしれない。

~~~トンデモ別解~~~
いや~時間ってチョクチョク戻ってるんだよ。
ただその度に、人間の記憶を含むこの世の全てが巻き戻ってるから、
誰も気が付くコトが出来ないんだよねぇ。。。。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる