ここから本文です

総書記、国家主席、首相、大統領、総理

アバター

ID非公開さん

2017/10/2520:58:49

総書記、国家主席、首相、大統領、総理

違いと強さランキング

閲覧数:
327
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ind********さん

2017/10/2521:10:57

国の代表:国家主席、大統領
行政府(内閣)の代表:首相、総理
党の代表:総書記

国の代表+行政府の代表:総統 が一番つよそう

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aki********さん

2017/10/2611:48:41

総書記はまず別枠、政党の代表(基本的にに共産党の代表)なので国家主席、首相、大統領の全てと兼任できる。
国家主席と大統領は国家元首で国のトップというか代表。
首相と総理は同じもの国によって首相の名称が〜総理ってだけの話、基本的に大統領や国家主席などの国家元首により任命される役職で大統領や国家主席が国家元首の国では大統領や国家主席が首相を誰にするか決める権限があったりする(ない国もあるが)。

dan********さん

2017/10/2521:55:39

たぶん基本的には
国家主席
総書記(共産圏)
大統領
首相=総理

spl********さん

2017/10/2521:11:08

中国に関して言えば、国家主席は英語ではプレジデントということになっています
対外的には大統領(国家元首)の扱いです

もちろん中国の最高権力者は一党独裁共産党のトップである党中央委員会総書記です

この二つは江沢民が1994年に兼ねるまでは分かれていることが通常でした
たとえば1989年の天安門事件の頃の総書記は趙紫陽、国家主席は楊尚昆です
その上に”最高実力者”鄧小平がいました

中国の首相は国務院総理ともいい、国務院(国家機関、官庁)の長です
いちおう国家主席の次のポジション(ナンバー2)とされていますが
慣例的に総書記・国家主席の後継者(次の独裁者)になることはありません

よって権力序列的には、総書記>国家主席>首相(国務院総理)で間違いありません

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる