ここから本文です

地学、地震について。

ken********さん

2017/10/2619:42:53

地学、地震について。

高校二年生です。
地学の授業で、東北地方太平洋沖地震(3.11)の発生メカニズムを調べてくるという課題が出たのですが、具体的にはどのようなことを書けばいいのでしょうか。

閲覧数:
48
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

mik********さん

2017/10/2620:33:58

海洋プレート(太平洋プレート)が沈み込みに伴って陸側プレートを引きずりこむことによってたまったひずみが限界を越えたために、そのひずみが解放されて、低角逆断層型の巨大地震が発生したということでいいでしょう。
この地震のメカニズムは東西圧縮の低角逆断層型ですので、押し波(張力軸)が高角の東上と西下、引き波(圧力軸)が低角の西上と東下方向です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

auc********さん

2017/10/3123:28:28

隆起と断層との関係などでは、

プロフィール画像

カテゴリマスター

yos********さん

2017/10/2621:09:06

理科学系の先生にあるまじき課題の出し方ですね。
理科学は起きた現象のデータを集めて理論を構築する学問であり、
理論を収集する学問ではありません。
このデータ集めと理論を考えることこそ、理科学の面白さなんですよ。

東北地方太平洋沖地震の震源記録については気象庁のホームページに
『震源カタログ』としてZIPファイルで掲載してあります。
全国分が年ごとに1つのファイルですので膨大になりますから、
3月分のデータ(M7以上)をピックアップしておきました。

2011/03/09_11:45:12_38°19.7'N_143°16.8'E__8km_M7.3_宮城県東方沖
2011/03/11_14:46:18_38°06.2'N_142°51.7'E_23km_M9.0_宮城県東方沖
2011/03/11_15:08:53_39°49.2'N_142°46.0'E_32km_M7.4_岩手県東方沖
2011/03/11_15:15:34_36°07.3'N_141°15.2'E_42km_M7.6_茨城県東方沖
2011/03/11_15:25:44_37°54.9'N_144°45.1'E_11km_M7.5_東北地方東方沖

また添付のマップは2011年1月から3月10日までの震源です。

東北地方の太平洋側にあるプレート境界ラインは沿岸方向へ鉛直に進むのではなく
北海道を北へと押し進める方向へも力が加わりますので、
東北地方の沿岸沿いには『南西←→北東』に伸びる複数の断層様クラックがあります。

3月9日に起きたM7.3地震は、そのクラックの一つへ刺激を加えてしまい
太平洋プレートスロープの広範囲を一気に動かすきっかけとなったのです。

『南西←→北東』に伸びる断層様クラックは今も健在で、
昨年11月に福島県沖を震源とするM7.3の地震では
茨城県北部に関連地震を起こす原因の一つとなっています。

上記の見立てはわたしの見方ですので、必ずしもこの見立てに拘る必要はありません。
あとはご自身で発生メカニズムのストーリーを組み立ててみてくださいね。


【 2011年1月から3月10日までの震源とM9.0の震源 】

理科学系の先生にあるまじき課題の出し方ですね。
理科学は起きた現象のデータを集めて理論を構築する学問であり、...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる