ここから本文です

ヨガって走るとか腹筋とかそこら辺のダイエットと比べてのメリットって何ですか??

enidayonさん

2017/10/2921:43:23

ヨガって走るとか腹筋とかそこら辺のダイエットと比べてのメリットって何ですか??

閲覧数:
29
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/10/2921:47:37

疲れにくい、楽

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2017/10/2921:44:59

ある意味、宗教的情熱でしょう。

病気というものはいずれにしろ不愉快なものであるが、最近流行の「健康病」というのは、定義どおり、本人は病気とは思っていないので、それによる被害が潜行するところが恐ろしい。健康病とは、簡単に言ってしまうと、ともかく「健康第一」で、そのことにひたすらかかずらわり、他のことは無視してしまう。それから生じる近所迷惑などお構いなし、という点で「ほとんど病気」の状態であるが、本人はそれに無自覚である場合のことをいう。

健康病の恐ろしさは、伝染性をもつことであるし、そもそも健康病の人は他人に伝染させることを生き甲斐にしているようなふしがある。煙草はよくないとか、酒はほどほどに飲むべきだなどと、いかにも親切そうに伝染を試みてくる。他人のことはほっといてくれ、と言いたいが、なかなかそうはさせてくれない。どうして、健康病の人は他人のことを気にするのか。それは自分のことが何となく不安なのである。健康第一にしがみついていても、何となく不安なので、どうしても仲間をつくり、しがみつく相手を増やしたいのである。

ここで私はアルコールや煙草等の依存症が人体に悪さをするかなどと争う気はまったくない。言いたいことは、人間の人生については実に多様な見方が可能なのだということである。多様な見方によって豊かな人生を送れるはずを、健康というただひとつのことに縛られてしまうことの精神の貧しさを指摘したいのである。

いったいどうしてこんなことになったのであろう。それは、先に精神の貧しさという表現をしたが、われわれがこれまで言われてきた「心」に関する価値を、それほど評価できなくなってきていることと関係がありそうである。忠義とか孝行とか、かつては最高の価値をもっていたものも、今は下落してしまった。だから昔はよかったなどとわめいてみても、このようなものが今更人の心を魅了することはないであろう。親切とか愛情とか言っても、この競争の激しい時に、そんなことを言っておれないといわれそうである。

古代ギリシャの時代には、「体」と「心」と「魂」という三つの要素によって、人間はできあがっていると考えていたという。この考えを援用すると、現代人は「心」に失望しつつ、魂の重要性をふたたび認識しかけているのだが、そんなものは知らぬので、それを飛び越えて、「体」をやたらに大切にするのではなかろうか。最も重要な魂のことを知らぬことから生じてくる不安を何とかごまかそうとして、体を大切にする。こんなふうに考えていると、ジョギングなどしている人に「宗教的情熱」を感じさせられることがあるのも、うなずけるのである。魂のことに思い及ぶことで、健康病からの回復がなされるように思うのである。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。