ここから本文です

医療保険についてなんですが、若いうちに入った方が保険料安い!と言いますよね?...

koinouta525さん

2017/11/723:55:39

医療保険についてなんですが、若いうちに入った方が保険料安い!と言いますよね?確かに30歳と40歳では保険料違いますが、この考えは更新型の保険の場合ですか?
(先の健康状態・今後の医療変

化は考えないとして)
60歳払込の場合、例えば30歳3000円だと30年払って108万ですが、40歳4000円に値上っても20年なので96万と12万安くなると思うんですが…考え方間違ってますか?
単純に同じ条件で10年更新型だと30歳3000円~60歳6000円と上るので30歳からの10年間なら・・・と思いますが・・・
保険考え中なのですが誕生日が近く上がる前に!と思ってたのですが、上記の考え方で問題ないなら、月々上がっても累計は安くなるので、焦らず考えようかと思うのですが。
保険で損得考えない、迷ってるなら入らない、というのは承知してます。

閲覧数:
112
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dhmmk768さん

2017/11/823:27:21

万一の時のお守りなので、使わなければ損したのではなく、使わなくて良かった、、、と、思えるといいですね。
若いうちなら保険料安いは確かにそうですが、若くても明日、癌が見つかる可能性もあります。三大疾病など、罹患した後には
保険には加入できない。
ミュージシャンなどでも、脳疾患になった方も若いですよね。
いずれ、家庭を持った時には、責任として大きな保障が必要です。
今は、万一の時に貯金を崩したり、親に迷惑かからないように備えておくべきだと思います。もちろん、死亡保障も小さくとも付けておきましょう、何かあってからでは、追加で死亡保障に入れませんから。

とくに、がん保険は若いうちなら保険料安いし、上がらないので早い方が良いです。
先進医療などは、更新ありですが。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

swfky565さん

2017/11/809:11:07

考え方はあっていると私は思います。
正解はないと思うので、私の個人的な考えを書いてみます。

がん(三大疾病)保険はともかく、20代~30代の人にとって、医療保険は一部の人を除いては優先順位は低いと私は考えています。

一部の人というのは、出産を予定されている人です。例えば多胎児の長期入院や帝王切開の場合は保険金がおりますが、ある程度、貯蓄があればなんとかなるとは思います。あとは今は健康でも、高血圧や糖尿病になりやすい家系だったりの不安がある方の医療保険はとりあえずの安心を得るかもしれません。

がん保険は、今は健康な方でも、例えば生活習慣に問題のある方、例えば喫煙者の方は入る入らないにかかわらず、まず検討された方がよいかもしれません。喫煙者の方でなくても、ストレスの多い環境にさらされている方(ストレス耐性の低い方)とかもそうです。後者の場合は、性格的なものもあれば、医療保険の方が有効になる場合もあるかもしれません。

あとはお金の価値観です。限られた家計の中からどこにお金を費やすかですが、日々の健康管理(運動や食事など)や健康診断が大事だという人もいるでしょうし、貯蓄に回すのが好きだという人もいるでしょうし、そして優先度の高い損保や最低限の死亡保険(子がいれば)以外は入らないという人もいるでしょう。

ご質問者様の回答をじっくりと検討され、見つけられてください。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2017/11/808:30:24

質問者さんの年齢によって、この部分の考え方は
変わってきます。
例えば20代の人の場合、医療保険に入っても恐らく
ほとんど使う機会はありません。
それなら30代に入ったら考えようというのも
ありかもしれません。
医療保険は競争力の激しい商品なので
10年もたてば時代に合った新しい医療保険が
絶対出ています。保険料も同じく競争力が働き
以前より高くならず、逆に安くなる場合もあります。
(同じ年齢の保険料で比較するなら)

ですが上記の考え方で通用しない場合もあります。
持病があったり、生活習慣が不規則だったりで
年々体の状態が悪くなっていく場合です。
医療保険は基本健康な時に入るのが前提です。
今は入っても医療保険使う機会がないから
入らなくてもいいかと考えているうちに
入れなくなる人、入れても条件が付いてしまう人は
沢山います。
一番怖いのは「がん」です。
急性心筋梗塞や脳卒中は生活習慣によるところが大きいので
健康管理ができている人は心配が減りますが
がんは例外です。
いくら生活習慣に気を付けていても
残念ながらなってしまう病気です。
一度がんになると、場合によっては以後全く医療保険に
入れない人もいるし、がんの部位によっては寛解して
5年以上経てば入れるものもありますが
基本保障しかつけられません。

保険の仕事をしていていつも思うのですが
皆さん普段はもったいないとか言って
保険に見向きもしなかったのに
がん検診で異常が指摘されたり
健康診断や人間ドッグで指摘されたとたん
何が何でも保険に入ろうとする方が
多いです。
普段は入らなくて異常が指摘されたとたん
保険に入れるのならみんなそうしますよね?
そんな状態になれば保険会社は受け付けてくれません。

自分がもしがんになった場合を考えた時
自分で保険は不要だと入らなかったのだから
潔くあきらめようと思えるのなら
入らなくてもいいと思います。
ですがしまった、こんなことなら早く入っておけば
よかったと後悔すると思うのなら
今はもったいなくても、健康なうちに
入りましょう。

2017/11/723:59:47

例えば30歳3000円だと30年払って108万ですが、40歳4000円に値上っても20年なので96万と12万安くなると思うんですが…考え方間違ってますか?>掛け金は少なくなりますが 30歳から40歳までの間は保証がないってことになりますよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。