ここから本文です

質問失礼します。

puramai0418さん

2017/11/900:46:32

質問失礼します。

RL回路の電圧降下についてなのですが、ファラデーの電磁誘導の法則より起電力はV=ーN・dφ/dtと定義されているのにRL回路の場合の電圧降下ではV=L・dI/dtとなり、なぜ巻数を1回としているのかわかりません。他にも巻数を誤差のように扱っているからやインダクタンスという定数の中に巻数が含まれているからなど考えたのですが合っているかわからないので解説をお願いしたいです。
文章わかりにくくてすみません。

閲覧数:
35
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mpcsp079さん

2017/11/1211:18:09

追加で、
符号の違いは、電圧・電流座標の違いからきています。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

petyankotaroさん

2017/11/1211:05:56

rotB=μ₀jから、φ=∫B・ndSを用いてちょっと計算すれば、φはI=∫j・ndSに比例することがわかります。
これをV=ーN・dφ/dtにぶち込めばV=L・dI/dtが成り立ちます。
その比例係数をLと置いているのであって、LにNは含まれます。
これは高校の教科書にも書いてあったような気がします。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。