ここから本文です

解剖学の脈管系で質問です。

yasaiozisan97さん

2017/11/1711:00:07

解剖学の脈管系で質問です。

脳の静脈で、硬膜静脈洞などの、〜洞とありますが、洞とは何なんでしょうか。構造的に、なにがどうなると静脈洞というのでしょうか。
また静脈は、臓側根や壁側根など、〜根というのもあります。大静脈などから枝分かれしているものを大静脈の〇〇根というのですか?それとも、例えば、下横隔静脈の根は下大静脈というのですか?
静脈は流れが逆(静脈→大静脈)なので、根の使い方がわかりません。
わかる方、よろしくお願いします。

閲覧数:
36
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

weisdummheitさん

2017/11/2009:47:48

医学ではラテン語のsinus(シヌス、英語読みではサイナス)という言葉を、統一して(洞)としたので、意味が分かり難くなっています。すべてが洞(洞穴)の意味ではありません。
Sinusには、入り江、弯曲、円み、膨らみ、くぼみ、空洞の意味があります。
Sinusの派生語に英語ではsinuous曲がりくねった、という形容詞があります。
硬膜静脈洞:命名の由来は分かりません。骨に沿って洞窟(穴)のように弯曲して走っている、あるいは弯曲して(曲がりくねって)走っている所から名付けられたものと思われます。形の上から命名されたもので、静脈洞という構造上の定義はありません。
膨らみの例:頸静脈洞、大動脈洞、冠状静脈洞(発生学の静脈洞)、乳管洞など
空洞、くぼみの例:上顎洞、前頭洞、乳突洞、腎洞など

根について:静脈では太い静脈に注ぐ所の根もとの意味です。木や枝の根もと、と同じこと。血流の方向とは関係がありませんが、おおもとが壁側に、あるいは臓側(臓器)にあり太い方に流れて行くと考えればよいのでは。なお下横隔静脈は下大静脈の壁側根です。

質問した人からのコメント

2017/11/21 12:08:16

とても分かりやすい説明ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。