ここから本文です

交通事故による怪我の治療が済み、先日相手方の保険会社から示談案が来ましたが、...

アバター

ID非公開さん

2017/11/1117:15:20

交通事故による怪我の治療が済み、先日相手方の保険会社から示談案が来ましたが、慰謝料らしき項目として「見舞金5万円」となっていました。

他の項目は治療費、休業損害、通院交通費でしたのでおそらく慰謝料のことだと思うのですが、あまりに少額で自賠責基準すら充たしていないことに驚いています。
示談案にある総支払額は約80万円になってますが、見舞金5万円の意味をどう考えますか?
ちなみに通院日は60日、治療期間は120日です。

いずれにせよ保険会社に尋ねますが、その前に知恵袋の回答者さんたちが出す答えを知りたいと思います。

閲覧数:
740
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

min********さん

2017/11/1420:28:43

80万の内訳が分からないと何とも言えませんが、無料で示談案が正当のものか監査してくれる(交渉を依頼したらお金はかかりますよ)法律相談もあるので利用してみたらどうですか??

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ter********さん

2017/11/1406:37:30

その80万の内訳が分からないと。見舞金ねぇ、そういう支払いが付帯している保険会社なのかなぁ?
そうでないなら凄い高額な治療をしてしまって、慰謝料が圧迫されたとか?
いずれにせよ、保険会社に問い合わせないと分からないと思いますよ。

また金儲けの回答が涌いてきてますね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

shi********さん

2017/11/1305:08:22

>示談案にある総支払額は約80万円になってますが
自賠責保険での慰謝料を貴殿の内容で計算すると
通院期間120日×4200円=50万円
通院日数60日×2×4200円=50万円の少ない方ですので同じなため
50万円が自賠責保険の慰謝料になります
正直相手保険会社の80万円もの慰謝料の提示は分かりかねますが、5万円の慰謝料もあり得ません。ただの見舞金だと思われます
自動車事故でのけがの場合の慰謝料の最大と記載します参考までに

貴殿がむちうちで痛いという事であれば医師の診断のもと治療を続けていきます
慰謝料の話を記載します
まず確認したいのが、今回の事故の際警察を呼んでますよね。
今回の事故で警察を呼んでいるので事故扱いにすればまず安心です
また車同士なら過失割合があります。
弁護士を雇うにはまず着手金20万円+成功報酬10%が相場です。
※もし貴殿が車同士の事故で自分の保険に【弁護士特約】がついてれば
弁護士費用は掛かりません、特約を使用し最初から弁護士を通しての示談交渉してください
自賠責保険でけがの場合120万円まで治療費、慰謝料、交通費など保障されます
慰謝料は通院1日当り8400円です。最大で月通院15日まで出ます。
更にこの自賠責保険が120万円以内ぎりぎりで終わらせれば、大体ですが
★120万円から治療費を引いた金額が慰謝料80万円くらいだと仮定します
注意点としてあまりMRI等の高額治療を行わず、治療費を抑え慰謝料を多くすることです。
自賠責保険のけがの120万円を確認するために、毎月診療報酬明細書を相手保険会社に請求します。これには毎月貴殿が通った医者の治療費の合計が記載されていますので今後毎月取り寄せましょう
★その時毎月貴殿の医者が相手保険会社に診断書を提出いています。その診断書も診療報酬明細書と一緒に送られてきます
慰謝料には自賠責基準【上記で記載されている金額】と任意保険基準と
弁護士基準があります
★このケースで弁護士基準の慰謝料は110万円です。
しかし弁護士を雇うと20万円+10%の11万円合計31万円弁護士費用が掛かります。そうすると弁護士が弁護士基準で最大の110万円獲得しても【大体110万円の9割から8割で示談するケースが多いです】
110万円-20万円-11万円で79万円になり、トントンで更に弁護士基準の9割などになったら弁護士を雇ってマイナスになります。
※先ほど記載した弁護士特約がついていれば、弁護士費用は掛からないので
弁護士基準での慰謝料になります。
更に弁護士を雇うケースは後遺障害に認定された時でしょう
大体ですが6か月くらい経ったら相手保険会社から症状固定の話が貴殿の医者に
「そろそろ症状固定はどうですか」と言う話が来ます。相手保険会社も委託医がいますので相談しています
症状固定とは医師がこれ以上治療しても良くならないという判断で治療を終了するという事です。で貴殿の医師が「貴殿と相手保険会社が合意すれば症状固定しますよ」と言う話になり貴殿が納得すれば症状固定されます。
※医師があまり良くない対応をされるケースもあります。3か月位で貴殿の意見も聞かず治療の打ち切りをするケースや相手保険会社が治療の打ち切りを勝手に言ってくるケースがあります
症状固定されたら相手保険会社が後遺障害の認定を薦めてきます
担当医に後遺障害の診断書を作ってもらい相手保険会社もしくは自分で後遺障害の申請をします【診断書作成料で一万円かかり後遺障害が認められれば相手保険会社が持ってくれますが認められない場合は貴殿が支払うもしくは相手保険会社の担当者によってはそれは持ちますよと言ってくれる保険会社もいます】
★いろいろ意見がありますが、むち打ちでMRIや神経学的に問題なくても月に15日のペースで医者に通っていることが後遺障害認定の重要な要件です
後遺障害【14級9号】が認められれば弁護士を雇います【特約が付いてない場合です】
そうすると慰謝料は全て弁護士基準になります
任意保険会社基準の場合の慰謝料は
けがの慰謝料75万円位+遺失利益【貴殿が事故に合って被る仕事の不利益】
40万円+後遺障害の慰謝料40万円=合計155万円です
弁護士基準では
けがの慰謝料110万円+遺失利益65万円+後遺障害の慰謝料100万円
=合計275万円です
実際は弁護士と相手保険会社の交渉によりその9割が認めらえるケースと思いますので275万円の9割247万円です
そこで弁護士を雇うと弁護士費用は上記で記載した通り47万円掛かりますので引くと【200万円】が貴殿の最終的な手取り金額になります
弁護士と保険会社の慰謝料の差は200万円-155万円ですので45万円になります。当然後遺障害に認定されたら弁護士を雇うと利益は増える事になります
以上です参考までに

hei********さん

2017/11/1223:24:05

交通事故を起こした時に
この内容だけでも、しっかり覚えておくことで、
通常の示談交渉よりも知識を持って行動できます。

◆日弁連基準で慰謝料を獲得する方法

◆相手の保険会社以外からも慰謝料を請求する方法

◆後遺障害を簡単に認定させる方法

◆効果的な通院方法

◆ちょっとしたムチウチでも、うまく後遺障害認定を受ける方法

◆相手の保険会社を黙らせる究極の交渉術

◆弁護士を使わないで、賢く訴訟を起こす方法

◆ある書籍を読むことで、飛躍的に後遺障害認定を受けやすくなるその書籍とは?

◆自分の過失割合を限りなく、低くする方法

◆整形外科の医師を自分の奴隷にし、後遺障害診断書を自分優位に書いてもらう方法

この内容から、

68万円→289万円に慰謝料を増やした究極の慰謝料交渉術
http://jidankousyou.ken-nyo.com/

を学ぶ事ができます。

com********さん

2017/11/1123:48:36

慰謝料の算定基準は通院日数(治療日数ではありません)×約3000円です

通院60日ですから約18万円です、どこかに近い金額が
提示されてませんか?

5万円の見舞金が慰謝料なら異議を申し立てた方が良いでしょう
訂正が無いなら示談に応じず治療を続けますと言ったらどうでしょう
整形外科で傷みが有ると言えば電気治療なら痛いと言う言葉だけで
続けられます

プロフィール画像

カテゴリマスター

qqr********さん

2017/11/1117:50:50

普通慰謝料はそのまま慰謝料という名目になると思います。

見舞金というのは一般的には相手の保険ではなくご自身の加入している保険から支払われるものです。(そういう契約であれば)

普通はその金額はあり得ません。それこそそれが慰謝料なら保険は完全に質問者様の治療に対して何かしら疑いを持ってるとでも考えなければあり得ないと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる