ここから本文です

謎の現象 朝早く風呂場を掃除してる時のことです。その風呂場は縦横4センチ程の正...

アバター

ID非公開さん

2017/11/1200:55:19

謎の現象
朝早く風呂場を掃除してる時のことです。その風呂場は縦横4センチ程の正方形のタイルが等間隔に敷いてありその各々のタイルの隙間5ミリ程が深さ3ミリ程の溝になっています。私はそこの床をまず37度ほどの湯

で湿らせました。そして床の一箇所に少しだけ水で薄めた洗剤を撒いたのですが、その時洗剤を撒いた一箇所から離れた床のタイルの上で不思議な現象が起こりました。タイルの上に表面張力でぬるま湯が付着していたのですが、そのぬるま湯の水面が不可思議に曇ったのです。例えて言いますと小さな川の小魚の群れが外界の音に反応して一斉に同じ方向に動くようなそんな感じです。私が目撃したのは4平方センチメートルの水の中で小さな白い魚の群が一斉に移動するような感じです。その不可思議な現象は洗剤を撒い場所の周辺全てで起こっていました。本当に一瞬のことです。しかも、洗剤を床に撒いてる時だけその現象が起こったのです。原因不明の謎現象を目撃して狐に包まれたような気分でした。この現象何だか分かりませんか?

閲覧数:
73
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

tmtmtm666さん

2017/11/1218:55:46

なんか不思議ですね~。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2017/11/1206:02:04

その現象を見ていないのであくまで推測ですが、、、

まず、ぬるま湯を撒いたことで床の脂肪が柔らかくなっていたと思います

次に洗剤を撒いた時に洗剤の飛沫が周辺に飛び散り、水面に洗剤が落ちます

洗剤の中に入っている、界面活性剤の作用により脂肪と水が混ざった状態になり白っぽく濁る

洗剤を撒いた場所に近いほど、洗剤の飛沫が早く水面に落ちますので、まるで水溜まりに雨が落ちた時の波紋のように、白っぽく濁る現象が中心から外に広がるように起こったのではないかと思います

●界面活性剤とは、水と油の境界をなくして混ざるようにするものです、混ざる事を乳化と呼び、白っぽく濁ったような色になります

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。