ここから本文です

年末調整の時期がやってきました。 生命保険控除についてよくわからないので教え...

haha4ziさん

2017/11/1504:17:06

年末調整の時期がやってきました。
生命保険控除についてよくわからないので教えてください。5万円以上書いても同じだということはなんとなく聞いてはいるのですが、ある方から、本人名義で支

払っているものでなくても、家族がかけているものも一緒に記入できる、そして、合わせて5万円以上になる場合、他に納税している家族がいればその人が残りの分を申告しても良いと聞いたのですが、それは正しいのでしょうか?
例えば主人が主人だけの分を。同居の息子が息子本人と私(パートの母親の保険分を)というようなことです。
それともう1つ、他府県に住所のあるもう1人の息子の保険もこちらで払っておりますがそれはそれはこちらで申告することはできるのでしょうか?住所が違ったらその本人しかできませんか?
ちなみに保険はいづれも県民共済なので額はそんにに大きくはありません‥。
文章が下手な上、本人がよく理解してないので分かりづらいかと思いますがどなたかわかりやすく教えていただけないでしょうか?
宜しくお願い致します。

閲覧数:
60
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2017/11/1508:44:45

基本はきちんとその保険料を支払った人の分として
控除の申告をしなければいけません。
ただし保険料の払込みをする者又はその配偶者その他の親族とするものと
書かれています。
なので今回の場合は出しても大丈夫です。
他府県の息子さんの保険も払っているのなら
上限額までは使ってください。

質問した人からのコメント

2017/11/15 10:33:02

お二方とも質問に的確に且つわかりやすくお答えいただきありがとうございました。
やっと理解できました。
お先に回答いただいた方をBAにさせて頂きました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

arearedositeさん

2017/11/1510:12:52

生命保険は、「契約者」「被保険者」「保険金受取人」「保険料を支払う人」とあり、通常は契約者と支払者が同じです。
ところが、妻が契約者で夫が支払者というケースもよくあります。
結婚前に妻が契約していて、結婚後に支払者を夫に変更した場合などです。

ところでここで生命保険料控除を受けれるのは、「保険料を支払う人」だけなのです。
契約者とか被保険者が誰であろうと、実際に支払っている人が対象となります。

ご質問につき、この視点でみて確認してください。

ただ、実際にはよく分かってない人たちが、家族で払っている保険を適当に回して、生命保険料控除を申告していると思います。
生命保険会社から来る生命保険料控除のハガキに、支払人は明記されていないのが実態なのでスルーになっていると思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。