ここから本文です

死刑賛成派の人が「冤罪懲役脱も取り返しがつかない」と言いますが、どうなのでし...

アバター

ID非公開さん

2017/11/1514:25:32

死刑賛成派の人が「冤罪懲役脱も取り返しがつかない」と言いますが、どうなのでしょう?

仮に、冤罪で無期懲役になり、50年経ってから冤罪を晴らせる証拠が出てきた場合はどうしますか?

「どうせ今からでは取り返しがつかないから、このまま服役していよう」なんて思いませんよね?

「今からでも冤罪を晴らしたい、出所したい」と思いますよね?
それも必死で思うだろうし、当人にとっては重要ですよね。
冤罪が晴れれば、残りの時間や名誉を取り返せますよね。

だとしたら長期の冤罪懲役でも、ある程度は(少しは?)「取り返せる」と考えられませんか?
当人にとっては重要ではないですか?

「懲役冤罪は取り返しがつかない」なんて他人事だから言えるのではないですか?

もし「全てを完全には取り返せない」と言うなら、ほとんどの場合がそうではないですか?
お金に関する場合しか思いつきません。

閲覧数:
342
回答数:
18
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

no_********さん

2017/11/1713:58:31

冤罪の疑いがあるから死刑判決を受けても執行にはなかなかならない。
また裁判でも長期間吟味して判決を出す。
今現在、冤罪の事例は0に近い。
反対派が屁理屈並べて冤罪だと言っている方がはるかに多い。
光市の事件の加害者弁護士などは見ていてヘドが出る。
加害者にどんな理由があろうと、殺人を犯して良い理由はない。
死を持って償うべき。
人の命を奪っておいて、自分は、死にたくないなんてそんな都合のいい話はない。
反対派が言う人が人の命を奪う事は良くない。確かにそうです。
でも最初に破ったのは加害者です。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/11/1820:53:38

    「冤罪の疑いがあるから死刑判決を受けても執行にはなかなかならない。」
    絶対にならない訳ではない。
    ですね。

    「今現在、冤罪の事例は0に近い。」
    0ではない。
    ですね。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/17件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

oko********さん

2017/11/2113:24:05

冤罪(えんざい)は、
死刑後だと取り返しがつかないからダメ!
懲役中だと生きてるから取り返せるのでマシ!

そう言いたいのかもしれませんが、

冤罪は死刑冤罪でも懲役冤罪でも絶対にダメです。

お金は新たに稼げばいいでしょ。

時間と心こそ取り返しがきかない。

もしかして、あなたは自分では何も考えてませんね?
誰かに言われたことを自分の拙い言葉で言いなしているだけですね?

もしかして、ちょっと賢い小学生か、中学生くらいの人ですか?

お金なんて大した問題ではありませんよ。
お金を生み出せる社会性の方が大事なんですよ。

bla********さん

2017/11/2022:48:47

懲役だからマシという問題ではないと思いますよ

>「懲役冤罪は取り返しがつかない」なんて
>他人事だから言えるのではないですか?

いえいえ逆でしょ


「長期の冤罪懲役でも、ある程度は(少しは?)「取り返せる」と考えられませんか?」なんて
他人事だから言えるのではないですか?

取り返しなんかつかないですよ


その上で、死刑執行後と、
執行前や禁固又は懲役刑服役中或いは出所後、とは、明らかに「取り返しのつかなさの度合い」が異なるということについては、
それはそうだと思いますよ。

でもその点は、
死刑制度の存続か廃止か、ではなく、
死刑判決の基準の問題だと思います。

やはり今の状態は、超法規的措置で死刑執行前に再審請求の猶予を設けて執行を遅らせざるを得ないという現実からも、死刑を言い渡すに必要な「完璧な証拠」を、全ての死刑判決で得ているのかについては疑問があります。

状況証拠での死刑判決を禁じたり、
自白のみに頼ることを禁じたり、取り調べの可視化などももっと進めたり、
つまり、疑いようのない、もはや議論の余地が無いほどに確固たる証拠(物的証拠や犯人しか知り得ない事実の自白、公衆の面前での犯行や現行犯逮捕などなど、具体的には法律家が吟味すべきでしょうが、、)が無ければ死刑判決は下せないとすればいいと思います。

明らかに冤罪ではない、というケースと、わずかでも疑いが残るようなケースを分けて考えられるような、
要は「運用上の問題」であって、
冤罪の可能性を理由に、死刑という刑罰を廃止するというのは飛躍だと思います。

例えば、
松本智津夫は冤罪被害者ですか?
宮崎勤は冤罪被害者ですか?
宅間守は冤罪被害者ですか?
加藤智大は冤罪被害者ですか?


今の不味いところは、「死刑制度があること」ではなくて、「死刑判決の基準」なんだと思います。

完全な「終身刑」の導入も必要ですね。

林真須美は、死刑ではなく終身刑とすべきです。
しかし宮崎勤や宅間守は死刑が妥当と思います。

hah********さん

2017/11/2005:36:08

仮に20〜30歳に投獄されて50年後に出所できたとしたら普通に人生終わってますね
10〜20年ならともかく50年なら失ってると同じ

yai********さん

2017/11/1815:15:02

仰る通りだと思います。
冤罪はあってはいけないと強く思いますし
捜査段階で未然に防ぐ方策を考え、裁判
でもチェックが利くシステムを作るべきです。

hin********さん

2017/11/1711:45:17

死刑反対派の人が「死刑は取り返しがつかない」というからそれに対する反論ですので、^_^;

「冤罪懲役脱も取り返しがつかない」が死刑賛成の骨子にはなっていないです。
正直、冤罪が生じればどれも取り返しは尽きません。
お金も、奪われた期間に生じた心の問題も生じますので、奪われたものだけ返されても取り返しは尽きません。

要は世の中、不幸を産むことはたやすいが、その不幸を埋めることは相当なものが必要であり、物理的に埋めることは不可能なのです。
別にこれは冤罪にがぎった話じゃないよね。

でね、

>死刑賛成派の人が「冤罪懲役脱も取り返しがつかない」と言いますが、どうなのでしょう?

あなたのここなんですが、あなたの論じたいことは「死刑賛成反対」ではないような気がして。。。www
もしかしたら、冤罪被害者への補償についての議論なのかな???

冤罪被害者ってのは服役期間に関して、数学的に一日お金を掛けて保証します。

●刑事補償法は、逮捕・勾留・服役 1日につき1000円以上 1万2500円以下の範囲で『補償金』を支払う

免田事件では免田さんに対して、30年を超える身柄拘束に対し9,000万円強の刑事補償金

少なすぎるでしょ ・_・、
取り返しがつかないどうこという問題じゃないでしょ。

失職・結婚、加害者家族、親戚への補償はまったくありません。

冤罪は決して0にはなりません。
その冤罪が生じた時に、冤罪死刑囚・冤罪懲役囚に私たち(日本国)はどう責任を取るのかという事は、これからも議論すべきだと思います。

そして、冤罪死刑は1兆円払わないといけないよねって国民が思うようになったら、それは財政が惜しいから、死刑はやめようねってなるかもしれません。でも、それは冤罪補償に対しての副次的な話です。決して、主体ではないです。

取り返しが付くかどうかでなく、限りなく取り返しを付けるために、どう保障すべきかを私たちも考えないといけませんよね。

この話の基本は、死刑の賛否を問うものではないと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる