ここから本文です

ブルース・リーの身長。

atm********さん

2017/11/1620:25:38

ブルース・リーの身長。

Wikipediaには
・・・・・・・・
身長は書籍 『ブルース・リー大百科』(ケイブンシャ)、映画『実録ブルース・リー/ドラゴンと呼ばれた男』では171cmと記載、『死亡遊戯』のパンフレットには163cm、風間健は166cm、倉田保昭は167cm、リンダ・エメリーは170cmとそれぞれ証言し、書籍『伝説のブルース・リー』(「BLACK BELT」誌/編、呉春美/訳、松宮康生/監修(フォレスト出版))には175cm、と複数のデータや証言がある。
・・・・・・・・

と書かれていたのですが、本当の身長はわからないままなのですか?
163cm~175cmって12cmも差がありますが。

閲覧数:
1,214
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/11/2122:16:28

特に
各映画スターは、
外出時には靴底が厚いものを
選ぶ傾向があるので実測の判断が難しいですが、

>ブルース・リーの身長

風間健は166cm、
倉田保昭は167cm、
リンダ・エメリーは170cm


俳優の筒井道隆の実父
風間健に関しては、
直接面識がありますが、

息子の筒井道隆の方が
若干高く175~176cm
程度で、
父親の風間健の方が
気持ち程度に、若干低い程度でしたが、

この中では一番背が高く、
少なくとも、173~174cmはあるかと。

倉田保昭も意外と背が高く、
風間健よりも、気持ち程度に、若干低い程度で
172~173cm

倉田保昭とブルース・リーが並んだ写真は
けっこうありますが、
https://www.google.co.jp/search?hl=ja&tbm=isch&sa=1&ei=lBUUWqz9OsSJ...

ブルース・リーの方は、
普段は猫背で肩幅が狭い反面、
倉田保昭の方が、
肩幅が広く、体格がいいので、
一見すると倉田保昭の方が
気持ち程度に若干大柄にみえますが、

ブルース・リーと、ほぼ同じか、
倉田保昭よりも若干低い程度かと。

なお、
(「燃えよドラゴン」で
ブルース・リーと共演した)
(「ブラッド・スポーツ」で
ジャン=クロード・ヴァン・ダムと共演した)
ヤン・スー(ボロ・ヤン)も
世間的には、かなり低く見られていますが、
両共演時には、さほど身長差は感じませんし、
どちらも、
ヤン・スー(ボロ・ヤン)よりは若干高いとしても、
ヤン・スー(ボロ・ヤン)も
意外と背が高く
最低でも169~170cmはあるかと。

ジャン=クロード・ヴァン・ダムは
公称(177cm)より意外と背が低く
せいぜい、173~174cm程度。

倉田保明も、
「Gメン75」の香港空手特番や
「闘えドラゴン」でヤン・スー(ボロ・ヤン)
とも数多く共演していますが、
ヤン・スー(ボロ・ヤン)よりは若干高い程度。


ブルース・リーと妻のリンダ・エメリー
との家族写真も何枚もみましたが、
身長は、ほぼ同じか、気持ち程度に
ブルース・リーの方が若干大きい程度。


以上、冒頭の身長を一部修正すると


風間健は173~174cm
倉田保昭は172~173cm、
リンダ・エメリーは170cm

つまり、
ブルース・リーの正しい身長は
倉田保昭と同じ、172~173cmか
それより若干低い171~172cm
あたりかと。

厳密に言えば、
リンダ・エメリーとの身長差を勘案しても、
171~172cmあたりが最も正確と言えるでしょうか。


繰り返しますが、
ブルース・リーは、普段は猫背で
若干身長が低いような印象を有しますが、
(母方)ドイツ系のクオーターなので、
(当時の中国&香港人の中では)
比較的、身長は高い方だったと言えるかと。

特に
各映画スターは、
外出時には靴底が厚いものを
選ぶ傾向があるので実測の判断が難しいですが、...

  • 2017/11/2123:46:38

    あくまで余談ですが、

    空手もののアクション映画の出演も多かった
    千葉真一と倉田保明も
    数多く共演していますが、


    千葉真一の方が、
    倉田保明よりも若干大きい程度で
    公称(179cm)よりも実際はかなり低く、
    せいぜい173~174cm程度。

    芸能人のプロフィールデータは
    全くあてになりませんし、
    大幅に違うケースも少なからずあります。




返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

swa********さん

2017/11/1823:03:11

実は私も長年163~65cmくらいかと思っていました。
実際彼に会って話した人物は彼の印象を『Tiny man(小男)』と表現しましたし、人前に出るときのブルース・リーは日常的にヒールの高い靴を履いていました。(まあ70年代にはそういう人多かったですけど)
彼自身身長にひけ目を感じていたことは間違いないと思います。
ところが今回その根拠を示そうと彼の画像を改めてひっくり返してみたのですが、実は実寸168~170cmほどあったのではないかと思われるのです。
その根拠は、
①お互いにヒールを履かない家の中でのブルース・リーとリンダ夫人が並んだ写真では、2人はほぼ身長が同じであること。(67年『グリーン・ホーネット』取材時)
②162cmと言われているティンペイ(まあこれ自体も不確かですが)とリンダ夫人が並んだ写真では、2人には5cm強の身長差があること。
③ブルース・リーとロー・ウェイ監督もほぼ同じ身長であること。(『ドラ危機』撮影時ペタ靴2人の並んだ写真多数あり)
④実寸178cmの石原裕次郎とローウェイが並んだ写真から、ロー・ウェイの身長は170cm弱?と思われること。

昭和30~40年代に170cm弱というと決して「小男」ではありませんね。ただし彼は驚異の小顔で首が長いモデル体型でしたので、同じ身長のロー・ウェイと並んでも肩の位置はブルース・リーの方が低いです。
つまり同じ身長の人と並んでも実際のボディは小さいということで、こういったことからも周囲に「小さい」という印象を与えていたのかも知れませんね。

結論:169cm前後!

163cmや175cmではなかったようです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

icb********さん

2017/11/1719:25:35

グリーンホーネットに出ていましたが、主役のヴァン・ウィリアムズと比べると、背丈は165 ~ 168cmくらいだと思いますよ。

jg@aさん

2017/11/1700:54:11

165位じゃないですかね。そもそも、ジャッキーもですが、175以上あると、アクションの見栄えが冴えないと思います

2017/11/1700:15:35

ブルース・リーの身長を推測するソースとしてはドラゴンへの道でのチャック・ノリスとのツウショットが適切ではないかと思います。ちなみにチャック・ノリスは178cmとの事です。

ブルース・リーはかなり均整がとれた肉体で頭も小さめな事を考えると少なくとも170cm以上はあったのではないかと思います。165cm以下だとチャックに対して凄く見劣りすると思います。

私は175cm近くの説を採用します。実は小柄な印象を持たれているいますが、当時の平均身長が今よりも低い事を考えると当時のアジア系の中では大柄な方で尚且つ西洋系の人に対しても小さくはない程度の身長であったのではないかと思います。

それとスクリーンの中では意図的に自分が小さく見えるようなカメラワークやキャスティングにこだわっていたようにも思います。初期の作品なんかはブルースが大きく見えて相手を虐めているように見えますが後半の作品では改善されています。

参考になれば幸いです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

bdb********さん

2017/11/1620:35:22

本人の名言で、考えるな感じろ!と言っていました。
感じとってみましょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる