ここから本文です

後方乱気流についての質問です風速が5ノット位の時、

ryu********さん

2017/11/1722:34:21

後方乱気流についての質問です風速が5ノット位の時、

滑走路00へILS進入してきたA380やAn-225がサークリングアプローチをしてライトブレイクした直後に滑走路00からセスナ 208の様な小型機にテイクオフをすぐさせたら航路は逆になりますが後方乱気流の影響は受けますか?
中型機例えばA300クラスとかでも影響を受けるでしょうか?

ほんと例えばの話です 風速5ノットだったら普通はそのままILSで進入着陸するのは解ってますが聞いてみたくなりました

補足00と言う滑走路はなかったですね
36でした

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
76
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hir********さん

2017/11/1800:03:58

質問のケースだと、後方乱気流どころか離陸後にA380と対面して空中衝突しそうなんですが。Rwy36へILSアプローチしてきてRwy18へサークリングのためライトブレイクした直後に、Rwy18からC208が離陸という事でよろしいですか?

この場合、当然ながら離陸直後は何の影響も受けません。離陸後にレフトターンしてA380等の航跡に入った時には影響を受けるかもしれません。ストレートアウトの場合は、A380の航跡に入る頃にはすでに翼端渦は下方に拡散していると思われますが、ライトターンで出るのが無難かと思います。
A300クラスの中型機ならば影響はないでしょう。

ちなみに、先行機がA380の場合に同一滑走路で同方向に離陸する場合の後方乱気流間隔は、後続機がC208などLight機なら4分、A320などMedium機なら3分、A300などHeavy機なら2分です。

後方乱気流は翼端から生まれ、時間とともに下方に落ちてきて、地面に達すると外側に拡がっていくと言われています。拡がり方は風に左右され、斜め後方から3ktから5kt程度の風が吹いている時に後方乱気流は停滞しやすい事が分かっています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ana********さん

2017/11/1723:10:33

後方乱気流は風速は関係ありません。A380の後の離陸は最低でも3分は空けなければいけません。Heavy機の場合は2分と決められています。後方乱気流の影響は大小関係なく受けます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる