ここから本文です

裁判所の労働審判を申し立てるテンプレートには「甲1から6号証までの写し 各2通...

アバター

ID非公開さん

2017/11/1802:41:11

裁判所の労働審判を申し立てるテンプレートには「甲1から6号証までの写し 各2通」などや「資格証明書1通」などが書いてあるのですがこれはどういうものでしょうか?

甲1から6号証までの写しというのは証拠説明書とは違うのでしょうか?

閲覧数:
31
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

te_********さん

2017/11/1803:51:19

労働審判に限ったことじゃない。

甲号証は原告が出す証拠。原本は原告が保持し、写しを裁判所と被告の分で二部提出。

証拠説明書は、証拠によって何を立証するとか、証拠となる文書の出所(作成者)などを一覧で説明する裁判所への書面

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/11/1815:58:58

    わかりやすい説明ありがとうございます。
    もう一つ聞きたいのですが、申立書と申立人の陳述書というのは違うものなのでしょうか?
    申立書は分かるのですが、陳述書というのはどういうものでしょうか?
    弁護士をつけない場合はいらないのでしょうか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる