ここから本文です

外傷性左胸郭出口症候群の手術で悩んでます。 長文に合わせ乱文で申し訳有りま...

アバター

ID非公開さん

2017/11/1915:49:10

外傷性左胸郭出口症候群の手術で悩んでます。

長文に合わせ乱文で申し訳有りません。

昨年6月に交通事故に遭い事故後3カ月目に専門医に精査検査して頂いた所、筋電図でC8&th1に軽症

ではない神経障害有り、左不全腕神経叢損傷後TOSが併発したと精査結果として診断されました。

再度今年6月に大学病院へ精査検査した所、昨年の精査検査同様の診断をされ金属加工業職を退職し7月より大学病院内にてリハビリ、診察に切り替え超音波治療を続けてきました。
今月で受傷から18ヵ月経ち、後遺症診断にするか第一肋骨切除、鎖骨開胸の手術を検討するかを医師より提案されております。

現在常に左胸と腕に重りを付けた感触、鬱血感、階段などで衝撃があると左脇と左胸より鬱血感、打撲痛がありめまいがあります。

テストでは左肘を左肩より上に上げると脈が止まる状態です。

ただ外傷性TOSだと手術の確率が下がり最悪の場合悪くなる可能性もあるとの事で患者自身で決めて欲しいと言われ悩んでます。

医師は肋骨切除と鎖骨開胸を同時にせず先ずは第一肋骨を抜き変化無しや多少の改善が有れば鎖骨開胸を視野に入れる方法を進められております。(鎖骨開胸時目立つ傷が残る為)

男ですので傷は気にしないとしても最低限今までの職種が続ける事が出来る様にとは考えてます。

実際外傷性TOSで手術された方などもし居られましたら宜しくお願いします。

閲覧数:
180
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

the********さん

2017/11/2223:16:47

整形外科医は大工と同じようなものですから、技術無い人が手術すると予後悪いですよ、執刀医の履歴を検索しましょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる