ここから本文です

税理士試験 簿記論および財務諸表論のテキスト 上記試験について、独学で学習す...

wno********さん

2017/11/2109:12:12

税理士試験 簿記論および財務諸表論のテキスト

上記試験について、独学で学習するためのテキストを探しております。

最終的には知恵袋で簿記の質問に回答されている方々のように、ある処理について1から10まで自分で説明できるようになりたいです。

両試験に受かるためのテキストというよりは、会計処理の原則について暗記ではなく理解することができて、結果的に試験に受かるだけの知識が得られるものが望ましいと考えております。
極端な話ですが公認会計士用のものなど、簿記論財務諸表論のテキストでなくとも構いません。

各論点で用いられる処理に関して、理論的な背景が十分に説明されていて、「この会計原則があるから、こういった場合はそのような処理になる」といった理解を促す内容が望ましいです。
例を挙げるのであれば、
・貸倒引当金算定におけるキャッシュフロー見積法の意義
・合併における時価評価と帳簿額引継ぎ、どちらの処理を行うかの基準(支配の継続性?)
上記のような論点について、きちんとページを割いているものになります。

備考としまして、日商簿記1級を受けた際にTAC社の「スッキリわかるシリーズ」で基礎学習をしており、
こちらのテキストに説明のなかった側面を埋めたいと考えております。
かなり限定的な条件となってしまっておりますが、お心当たりのある学習者の方がいらっしゃいましたら、ご紹介のほどよろしくお願いいたします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
270
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

toh********さん

2017/11/2111:05:31

市販のテキストに深い内容を期待するのは無理だと思います。私は予備校のテキストと講義を用いていたので、十分に理解することが出来ました。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる