ここから本文です

最近、小説にハマっています!

アバター

ID非公開さん

2017/11/2323:15:29

最近、小説にハマっています!

何かオススメの小説はありますか?

まだ初心者なので、読みやすいのが嬉しいです!!
前回読んでいたのは恋愛小説で、
今はホラー(ミステリー)小説を読んでいます!!

閲覧数:
173
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fmv********さん

2017/11/2600:45:59

読み易い今風のミステリで・・

●堀内公太郎「公開処刑人・森のくまさん」
〇あらすじ
公開処刑人”森のくまさん”という、連続殺人鬼がネットの大手掲示板を賑わせていた。
殺されるのはレイプ常習犯やいじめを助長する鬼畜教師など、指弾されても仕方ない悪人ばかりで、ネットには犯人を支持する者まで出始め、神扱いする追っかけ「森くまウォッチャー」もいた。
掲示板にターゲットの名前や住所、悪質行為の所業などを書いておけば、くまさんは即座に動いてそいつを殺しにやってくる・・
捜査本部は血眼で犯人を追うがそれを嘲笑うかのように惨劇はくりかえされ、世間は騒然となる。

※被害者をネットの書き込みから抽出し、処刑後の犯行声明をネットに挙げる謎の処刑人が「森のくまさん」を名乗る・・という、魅力的な劇場型シリアルキラー・サスペンスです。
同じ「このミス大賞」候補作でシリアルキラーを題材としている作品ということで、中山七里さんの「連続殺人鬼カエル男」を思い出しましたが、あの作品ほど物語に意外性や深さはないです。
しかし、会話シーンが多くて無駄な描写がなく読み易くサクサク進むので、すぐ読破出来ると思いますね。
この作品には「お嬢さんお逃げなさい」というサブタイトルがついた続編もあります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

int********さん

2017/11/2820:27:10

都筑 道夫さんの なめくじに聞いてみろ はいかがでしょうか?

父親の残した11人の殺人鬼を倒すため主人公が東京で活躍するお話です。

後にカルト映画 殺人狂時代 として岡本喜八監督によって映画にもなりました。

登場人物が皆強烈でスリリングな傑作です。

おすすめです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

goo********さん

2017/11/2515:59:13

では質問者さんのリクエストにお応えして、読みやすさ、ミステリー、ホラーに特化したものを書きますね!

「妖怪アパートの優雅な日常」香月日輪
(日常、ハートフル、風刺、青春)
ファンタジー+日常ものです。
実家に居づらい悩みがある、悩み多き高校生の話です。
暖かい雰囲気、読みやすい文章が特徴です。

「烏に単は似合わない」(恋愛、バトル、サイコサスペンス)
4人の女の子達が、時期の君主の妻の座を掛けて女のバトルを繰り広げる。不遇な主人公が心の美しさを見定められる、シンデレラストーリー。
...の体裁を取った、サスペンスです。女の争いとか、面倒な心理描写とか特にありません。
最後の50ページくらいで目をひん剥くでしょう。どんでん返しがすごい。そしてちょっと怖い...。

上橋菜穂子 「狐笛のかなた」(バトル、ファンタジー・和風)
美しい風景描写、儚い恋がみどころのファンタジー。
読みやすい文章、わかりやすい心理描写のお陰で、読解力のない私でもサクサク読めました。主人公があまり悩まず、積極的に人助けをするのは見ててストレスがない。

いけちゃんとぼく 西原理恵子
絵本ですね。なので質問者さんの好みに合うかはわかりませんが。
間違いなく心に残るでしょう。泣けます。

「我らが隣人の犯罪」宮部みゆき(ミステリー)
短編集ミステリーです。
大体一話が50ページくらい。主人公も質問者さんと同じくらいの年の子が多く、共感者しやすそうです。
読みやすい上に、一つ目のストーリーのクオリティが非常に高く、びっくりさせられます。長さと面白さが必ずしも比例するわけではないとわかりました...

「キッチン」よしもとばなな
寂しさを抱えた男女がひっそり寄り添って行く話。
雰囲気、心理描写、完璧です。
質問者さんが男性だと、もしかしたら合わないかもしれません。もしかしたら。

有川浩 「図書館戦争」(恋愛・社会派)
恋愛あり、社会について考えさせられる要素アリの名作。
大人になって読むと主人公に違和感を感じるので、いまのうちに読んでおくと凄い楽しいと思います。

星新一ショートショートシリーズ
3Pくらいの短編が詰まった本です。
社会へのドギツイ風刺を交えられ、コメディ、ブラックジョークが効いたストーリーが盛り沢山です。
一つ一つのオチが完璧。

「バトル・ロワイアル」
耳に挟んだ事くらいはあるでしょう名作。
日本、海外での殺し合いストーリーは、全てこの本を参考にしたと言われるほどです。
ただしこの本は、人物造形が素晴らしいこと、青春ストーリーとしてのクオリティが高いからこそ人気があります。
グロテスク、恐怖がそんなに嫌でなければどうぞ。

「果てしない物語」ミヒャエル・エンデ
(メタ・ファンタジー)
なるべく文庫版ではなく、ハードカバー版を図書館で借りて欲しい。
小説そのものに書かれた文字の「色」、「表紙そのもののデザイン」が、トリックとして使われているからです。
児童書なのでわかりやすいでしょう。哲学的な本でもあります。

「カエルの王国」百田尚樹
下で挙げられている方がいたので補足。
カエルの主人公が、日本と似た境遇に置かれた国に流れ着き、そこで様々な出来事を体験する話です。
かなり日本を風刺していて「スゲー」と思ったのですが、ストーリー自体は単純であまりおすすめ出来ません。
また、作中の政治に関する主張も激しすぎます。あまり読書経験のない方が読むにはキツ過ぎるでしょう。
「この本の内容を鵜呑みにはしない、自分の頭で考える」事が出来るなら、面白く読めると思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

yum********さん

2017/11/2415:33:38

伊坂幸太郎さん

“終末のフール”

あと数年で隕石が衝突して、
地球が滅亡するという中、
混乱も収まって、普通に生活をする人たちのお話です。

短編集ですが、
少し繋がりもあったりします。

東野圭吾さん

“ナミヤ雑貨店の奇蹟”

ある場所に逃げ込んだ3人の少年たち。
そこで不思議な手紙のやりとりをします。

時空を超えたミステリー、
ハートウォーミングなお話です。

よろしければ。

sii********さん

2017/11/2400:50:31

読みやすいミステリーなら赤川次郎さんとか。私は爽香シリーズが好きです。
恋愛小説はあまりわからないです(´・ω・`)
えぐいしグロいですけど我孫子武丸さんの「殺戮にいたる病」も読みやすく一気に読めました。グロいのが平気であればおすすめです。
あと誰でも読めるような寓話風に書かれた百田尚樹さんの「カエルの楽園」は日本国民なら読むべき内容だと思いました。面白いし、考えさせられます。

a15********さん

2017/11/2323:27:25

結構昔ので、浅見光彦シリーズ(かなりシリーズが長く、少し難しいかも?です。あと、このシリーズは基本は全部一巻完結型)、天久鷹央の推理ファイル、事件ファイルシリーズ(医療系で、最新刊は若干ホラー?かも)、最近実写化された「氷菓」とかですかね。
私が思いつくのはそのくらいです。
お役に立てたら幸いです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる