ここから本文です

簿記です...

m5296fさん

2017/11/2412:33:12

簿記です...

以下の仕訳を教えてください。

会計期間は平成✕1年1月1日から平成✕1年12月31日までの1年です。
(1)現金の実際有高は¥41,900である。

(2)前期に発生した売掛金¥2,100が回収不能となったが、未処理であった。

(3)受取手形及び売掛金の期末残高に対して2%の貸し倒れを見積もる。差額補充法によること。

(4)期末商品棚卸高¥78,000である。売上原価は「仕入」の行で計算すること。

(5)備品について、定額法によって減価償却を行う。ただし、備品の残存価額は取得原価の10%、耐用年数は10年である。

(6)受取地代の未収分が¥1,500ある。

(7)消耗品の期末未消費高が¥6,200ある。

(8)借入金のうち¥200,000は平成✕1年10月1日に借入期間1年、利率年5%で借り入れたものであり、利息は元金の返済時に支払うことになっている。利息は月割計算による。

(9)支払家賃¥165,000のうち、¥33,000は前払分である。

平成✕1年,売掛金¥2 100,支払家賃¥165 000,受取手形,うち¥200 000,金額

閲覧数:
37
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

xdrpc4970さん

2017/11/2413:26:09

写真の金額が読めないから、回答できないです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。