ここから本文です

キリストは父親がいない貧しい孤児で、貧しい人はみな平等だ言ってたと思うんです...

アバター

ID非公開さん

2017/11/2800:50:56

キリストは父親がいない貧しい孤児で、貧しい人はみな平等だ言ってたと思うんですが、ヨーロッパの王侯貴族や富裕層がキリスト教を受け入れたのはどうした経緯からですか?

閲覧数:
82
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yahho_753さん

2017/11/2922:20:12

ローマがキリスト教を使ってうまいこと人々を支配しようとしたんでしょ
人を治めるのに宗教使うことはあるで
王侯貴族や富裕層がキリスト教を受け入れたのは、支配する側としてじゃないかなあ

キリスト教は貧しい人だけじゃなくて、すべての人の為ですよね

ほんとの神の宗教なら、どの国とかも分け隔てなく関係ないですよね

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

2017/11/2919:15:11

ヨーロッパの王侯貴族や富裕層がキ
リスト教を受け入れたのはどうした
経緯からですか?

【庶民にキリスト
教が普及したからです】

現在の民主主義国家は勿論、過去の
封建制社会においても政治家や君主
は民衆の支持が必要です。

民衆の支持がない政治
体制は破綻してしまいます。

例えば、
ローマ帝国は多神教国家で皇帝崇拝
があったので、キリスト教を迫害し
ました。

しかし、
ローマ帝国内でキリスト教信者が増
えるにつれ、313年にコンスタンティ
ヌス1世とリキウス帝はミラノ勅令に
よってキリスト教を公認しました。

そして、ローマ帝国のテオドシウス
帝は380年にキリスト教をローマ帝
国の国教と宣言しました。

さらに、392年にはローマ帝国内での
キリスト教以外の宗教の信仰が禁止
されました。

これらのテオドシウス勅令は、テオ
ドシウス帝本人が考えたものではな
く、ミラノ主教(司教)で三位一体派で
あったアンブロジウスの影響が強く
現れていました。

テオドシウス帝自身敬虔なキリスト
教徒であったかどうかは非常に疑わ
しいです。

テオドシウス帝が洗礼した理由も、
今まで病気知らずであったのに大病
を患ったために気弱になっていた彼
が、藁にもすがる気持ちで助けを求
めたのではないかと考えられていま
す。

しかし、どちらにしろテオドシウス
帝のテオドシウス勅令の背後にはキ
リスト教の庶民の間の普及があった
と考えられます。

つまり、
最終的には君主の人気取りです。

ren75354さん

2017/11/2803:59:49

当時、優れた宗教など無かった国がキリスト教国になっていったのです

だから日本ではキリスト教は流行らなかった
もっと平和的で残虐性のない平和で素晴らしい宗教があったから
キリスト教よりも古く2677年続く日本神道があり天照大御神の第一子の末裔である天皇陛下が126代も続いてるのだから

よその国にはそんな歴史ある平和的宗教など存在しなかったからキリスト教を受け入れたにすぎない

またキリスト教しか知らない人達にとってはキリスト教の教えが神の言葉であり絶対

要するに大富豪や権力者が政治利用するためには神はとても都合よかったのですね

asshimar41さん

2017/11/2801:22:57

イエスが掲げた理念と今のキリスト教が必ずしも一緒では無いからでしょうね。

昔は今以上に宗教が国政に大きな力を持っていたので、イエスと言う平民が救世主として神格化されだし貴族たちにとって非常に目障りになった為に処刑された訳ですが、死後も奇跡(生き返った、聖杯など)と言う逸話で讃えられだし国を脅かす結果になりました。

そこで平民達の目を逸らす為に(イエスを処刑した)宗教家達が考え出したのが、今のキリスト教の起源です。

十字架はその象徴であり、実際にイエスが掲げていたオブジェらしきモノとは似ても似つかぬ紛い物だそうです。
要は政治利用の結果、歴史上最も血塗られた宗教が誕生したって訳ですね。

あと、イエスは普通の?貧困層の家庭に生まれた人間で、天使や三賢者などは尾ひれ背ヒレの付いた、ただの逸話です。
マリアはイエスが気が触れたと信じており、磔に向かうイエスを最後まで説得していたとか。
勿論、聖母マリアなんて民衆?の妄想が作り出した偶像ですよ。

kawatanuさん

2017/11/2801:19:47

キリストって誰?キリスト教の主たる人はイエスであってキリストではありません。キリストとは救世主という意味で名前じゃないです。
イエスの父はヨゼフです。当時は救世主が生まれるという予言があり、積極的に婚姻がなされたとも言われています。
キリスト教では「当時も修道士は婚姻しなかったが救世主が現れるという予言から子人が盛んにおこなわれた。ヨゼフとマリアも形式的に婚姻したが肉体関係はなかった」と言われてもいます。
これは性を尊厳ある神のみ恵とするユダヤ教に対しキリスト教成立後に、反ユダヤ的な考えで生まれた伝説ということでしょう。

そしてイエスは貧しい人は平等なんて言ってません。まぁ。身分制度の中で底辺の人たちは平等も何も、同レベルでしかないけどね。そしてイエスはそんな低い身分ではないよ。子供の頃、学者たちと対等に話をしたという逸話があるけど、ユダヤ教で学者と話ができるということは学者と同じレベルの身分であったということです。
それに平等だなんて教えはありません。貧しい人は幸いである天国は彼らのものだとは言ってるけどね。この世においての平等なんて考えはないですよ。

だいたい彼はキリスト教すら作っていません。彼はユダヤ教をもとの正当な教えに戻そうとしただけ。キリスト教ができたのは彼の死後遥か後の話です。
ユダヤ教が彼の座政策を受け入れなかったために弟子らはイエスの教えを広めました。イエスの死後半世紀も経つかどうかという時期には中枢を担っていたペトロやパウロも処刑されています。
多くの争いや迫害に巻き込まれながらも次第にローマ帝国支配の中にキリスト教を支持する国が現れ、やがてローマもキリスト教を認めざるを得なくなったのです。
そしてローマがキリスト教を認めたのは4世紀中ごろのことだと思いました。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2017/11/2801:04:25

キリストは救い主という意味です。
イエスにはヨセフという養父がいました。
自分の子ではないイエスの父になりました。
富裕層がキリスト教を統治の為に受け入れました。
コロサイ書3:22
「奴隷たち、どんなことについても肉による主人に従いなさい。
人にへつらおうとしてうわべだけで仕えず、主を畏れつつ、
真心を込めて従いなさい。」
ローマ書 13:1
人はみな、上に立つ権威に従うべきです。神によらない権威はなく、
存在している権威はすべて、神によって立てられたものです。
したがって、権威に逆らっている人は、神の定めにそむいているのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。