ここから本文です

【借地借家法】27条は期間の定めのない契約の場合の条文で、26条が期間の定めがあ...

takahiro9089さん

2017/11/2800:58:32

【借地借家法】27条は期間の定めのない契約の場合の条文で、26条が期間の定めがある場合の条文ですか?
27条は期間の定めがあっても機能しますか?
ご教示よろしくお願いします。

閲覧数:
40
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

zac18617さん

2017/11/2805:43:48

違います。

27条には条件指定がないんだから、期限の定めがあろうがなかろうが適用されます。

質問した人からのコメント

2017/12/3 13:49:21

なんか複雑ですね。
ご教示ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

makaki10さん

2017/12/117:04:40

一般論としては、27条は解約権がある場合にその行使を制限する規定です。期間の定めがなければ、解約権があるので(民法617条)当然本条が適用されます。期間の定めがあり、特則としての解約権が留保されている場合についても本条が適用されると考えられています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。