ここから本文です

t検定についてです。 ①t値=52.143、自由度=29、有意確率=3.224 ②t値=35.40...

ssu********さん

2017/12/205:37:24

t検定についてです。

①t値=52.143、自由度=29、有意確率=3.224
②t値=35.409、自由度=29、有意確率=2.032

以上のような結果が出た場合は、どのように解釈すれば良いのでしょうか。
また、有意確率がどのような場

合に、有意差があると言えるのでしょうか。

閲覧数:
155
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nuo********さん

2017/12/207:18:07

"確率" は 0以上1以下の値になるので、
3.224 や 2.032 という値はあり得ません。

エクセルを使えば、

t = 52.143, df(自由度) = 29 ならば、
=TDIST(52.143,29,2) → 0.0000… なので、p < .001

t = 35.409, df(自由度) = 29 ならば、
=TDIST(35.409,29,2) → 0.0000… なので、p < .001

と求まります。

いずれも p < .05 なので、有意差があります。

※ 危険率(p値)が0.05未満の場合には有意差があります。

  • 質問者

    ssu********さん

    2017/12/401:47:43

    回答ありがとうございます。
    有意確率の数値のEの文字を見落としていました。
    教えて頂いた通り、どちらも0.000…になりました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる