ここから本文です

投票受付終了まであと2日 ベストアンサーにふさわしい回答に投票してください

投票すると知恵コイン5枚プラスされます。

もし部下が過剰防衛で捕まってしまったらどうしますか? ちなみにその部下は半グ...

jr521keihagomiさん

2017/12/500:55:29

もし部下が過剰防衛で捕まってしまったらどうしますか?
ちなみにその部下は半グレ集団に暴行を受けて身を守るために反撃した結果相手の半グレが重傷を負った状況だとします。

閲覧数:
54
回答数:
3

違反報告

回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

hiroroboxさん

2017/12/1200:45:09

部下の私生活なので、とりあえず部下の心配はしつつ、どうなるのかを見守ります。

警察の判断や、相手との示談次第でしょう。

ms_gatsさん

2017/12/1120:21:37

警察に捕まっただけなら、過剰防衛の疑いで取り調べを受けているだけです。
調べが終われば釈放されます。
その後検察に書類が送られて、起訴か不起訴で刑事処分無しかになります。

取り囲まれた状態からの素手での反撃だったら不起訴の確率が高いでしょうから、それまで様子見でしょうかね。

lows911さん

2017/12/1118:47:28

職場関係による部下と上司という関係では、部下が過剰防衛により損害を与えてしまった場合、民法上の使用者責任が発生する可能性があります。

これは、部下を雇用した者が部下の行為による責任を背負うというものです。
また、損害を受けた側としては暴力行為に出た本人に対して不法行為に基づく損害賠償権も行使することができます。

しかし、過剰な暴行を受けたとしても、防衛行為である以上は刑事責任はあるとしても、仕掛けた側の落ち度を考慮して、相手の過失(不注意)と防衛行為に出た本人の過失を考慮して、損害賠償額が減額される可能性があります。

しかしこれは、裁判になったときの話であって、裁判外では、このような判断は個人的にすることはできません。

刑事責任が発生するとしても、元々の原因を作ったのは部下ではない以上、執行猶予判決が下る確率は高いと判断できます、そして民事責任においては有責任者(防衛行為を作らせた人)からの責任追求があるとしても、多額の損害賠償債務を追わせることは無理があります。

ただ、不法行為による責任である以上、防衛行為に出た本人の賠償義務が免除されることはありません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。